観光情報

車でのアメリカ横断の日数・費用・ルートを解説【最短一週間】

こんな悩みを解決💡

・アメリカ横断する長い休みがとれない

・費用が高そうだから躊躇している

・旅行の計画のたて方がわからない

この記事では、横断の日数・費用・ルートを徹底解説いたします。

実際にアメリカ横断した経験をもとに、最短1週間あればアメリカ横断・観光を満喫できる方法を説明します。

また一週間以上の横断旅行を計画している人にも、参考になる内容になっています。

日本からの飛行機の時間を含めて、9日間休みが取れる人なら、車でアメリカ横断することは可能です

定年退職してからとは言わずに、ゴールデンウィークなどの大型連休で、アメリカ横断を実現できます。

ルート別の距離・運転時間

横断にかかる日数はスタート地点、立ち寄る都市、1日の運転時間によって、大きな差がでてきます。

各スタート地点から到着地点までの距離・時間を説明していきます。

アメリカ横断で人気のスタート地点は3つあり、ゴールはロサンゼルスが一般的です。

3つのルートの総距離と、一週間で横断するための1日の運転時間を紹介してきますね。

①ニューヨークロサンゼルス

4500km-5500km

総運転時間 45-50時間

17時間/1週間の日程

大都会のニューヨークから出発したい人におすすめ。

ニューヨークは雪が降るので、冬に出発する人は注意が必要です。

雪道の運転に慣れていない人は、雪の降らない時期に出発しましょう。

②シカゴロサンゼルス

4500km-5000km

総運転時間 30-40時間

16時間/1週間の日程

ルート66のスタート地点から出発したい人はシカゴを選びましょう。

ニューヨークの影に隠れていますが、シカゴも大都会で観光名所もたくさんあります。

ただしシカゴも雪が降るので、冬の出発には注意が必要です。

③オーランドロサンゼルス

4000km-4500km

総運転時間 36-40時間

15.5時間/1週間の日程

フロリダ州のオーランドはバカンスの町です。

年間を通して温かい気候で、ユニバーサルスタジオとディズニーランドの2大テーマパークがあります。

どちらのテーマパークも規格外の大きさです。

ディズニーワールドは日本のディズニーランドと比べて、55倍の面積になります。

時間に余裕のある人は、テーマパークを満喫してから、横断旅行に出発するのもアリです。

毎日、東京大阪間ぐらいの距離を走ることになりますが、内陸は渋滞がなく、真っ直ぐな道をひたすら走るので、日本と違い運転はあまり疲れません。また平均120kmぐらいのスピードをだせるので、予想より早く目的地に着くことができます。

アメリカ横断の費用

1週間の横断で一人あたりの最低限の費用

1人旅 305,000

2人旅 216,000

3人旅 186,000

4人旅 171,500

※レンタカー/ガソリン/宿/食費/旅行保険/入場料/日本からの往復航空券の全てを含めて計算しています。

※一人あたりの海外旅行保険が3000円、入園料1万円、日本からの航空券が10万円としています。

一緒に横断する仲間が増えると、レンタカー・ホテル代をシェアできるので、1人当たりの金額は下がります。

あくまでもこれはアメリカ横断の最低金額です

Pubでお酒を飲んだり、いいホテルに泊まると、金額はとうぜん上がります。

車の費用、宿泊費、食費の内訳を詳しく説明していきますね。

車の費用

レンタカー

4-5人乗りの車 1日あたり5000〜6000円(スタンダードな保険付き)

レッカー代・ロードサービスのついたオプションの保険は追加で1000円払えば、つけることができます。

また借りた場所と違う場所に返却する費用として、7万円払う必要があります。

全て含めて一週間あたり”115,000円”

4人で割れば1人あたり、”28750円”とかなり安く済みます。

6500×日数+7万円=旅のレンタカー代

ガソリン

アメリカは都市によってガソリン値段に大きな差がありますが、だいたい日本より30-40%ぐらい安い金額で給油できます。

日本のリッター表示ではなくガロンが使われています。1ガロンは約3.8リットルです

また給油はレギュラー、プチハイオク、ハイオク、軽油(ディーゼル)があります。

レンタカーで一般的な車種を借りるなら、レギュラーを選びましょう。

燃費が12km/1の車を運転した場合、600km40ドル(4500円)ぐらいです。

寄り道をあまりせず、アメリカ横断した場合のガソリン代は約3万円です。

宿泊費

アメリカのホテルは人数ではなく、一部屋あたりの値段なので、泊まる人数が多いほどお得に宿泊できます。

宿の予約は基本的に前日、または当日で大丈夫です。ネットで簡単に予約できます

モーテル

アメリカ映画でおなじみの最低限の設備の宿です。1泊あたり約40$70$。

1週間(6泊7日)でアメリカ横断した場合、33000

4人で割ると、1週間の宿泊で1人あたり8250です。

モーテルは部屋の多くがツインルームです。

4人だと1つのベットを2人で共有することになるので、11つ使いたい場合は2部屋にすべきです。

基本的な設備は、冷蔵庫/電子レンジ/ユニットバス/エアコンorファン/タオル/石鹸

またモーテルによっては簡単なモーニングが付いています。

アメリカ横断を一週間でする場合は、宿にいる時間はわずかなので、モーテルで充分です。

部屋の入り口前に車をとめられることも多く、荷物の出し入れが楽にできます。

5500×日数÷人数)× 使う部屋数 = アメリカ横断のモーテル代

ホテル

ホテルの値段はピンキリです。

150ドルぐらい払えば、泊まれるホテルを見つけることができるでしょう。

モーテルより、もっと綺麗で安心して泊まりたい方はホテルにすべきです。

同様にホテルも部屋の料金だけなので、割り勘するとお得です。

食費

食事が横断の1番問題になってきます。

最初の3日ぐらいは良いのですが、さすがに外食ばかりだと飽きてきます。

アメリカはどの街に行っても同じようなチェーン店が並んでいて、その多くがファストフードです。

ぼくは北米横断を2度したことがあるのですが、2回目の横断には炊飯器を持って行きました。

子連れだったこともあり、すごく重宝しました。

スーパーで購入

スーパーで購入すると、1食500〜1500ぐらいです。

外食に飽きたらスーパーで買うことがオススメです。

キッチンの付いている宿は少ないので、お惣菜・インスタント食品・冷凍食品などを購入することになります。

日本では見かけない食材を食べられることは、旅の思い出になります。

ぼくは毎晩違うビールを飲むことを楽しんでいました。

ファストフード

1食600円〜1200ぐらいが相場です。日本より少しだけ高いです。

ンバーガーやフライドチキンだけでなく、タコス、ブリトー、ケバブのファストフード店もあります。

一般的なレストラン

レストランの費用は一人あたり2000〜5000ぐらいになります。

レストランは約20%のチップが必要なので、割高になっていしまいます。

またお酒を飲めば、さらに高くなります。

道路上の注意点

高速道路

都市部を除き、ほぼ高速料金は無料です。

高速道路の最高速度は時速89km〜136kmまでと州によってばらつきがあります。

内陸地域では、多くの車が時速130kmぐらいで走っています。

交差点

アメリカの交差点は、基本的に赤信号でも右折できます

しかし「NO TURN ON RED」の標識があると、右折はできません。

マイル表示

車の速度メーター、標識の目的地までの距離など、全てがマイル表示です。

1マイルが1.6kmです。なので100マイルは160kmになります。

大谷翔平がボールを投げるスピードが、だいたい100マイル(160km)です。

事前に準備することは?

事前に準備するべきことを説明します。

服などの持ち物は国内旅行と変わらないので、省略しています。

レンタカーの予約

事前に空港から乗車できるレンタカーを予約しておけば、スムーズに出発できます。

ホテルは現地に到着してから予約しても、間に合います。

心配な人は1日目と最終日のホテルの予約をしていくことをオススメします。

海外旅行保険に入る

横断旅行では予測不可能な事態が起こることがあるので、海外旅行保険に入ることは必須です。

安心・安全に旅行するためには保険は重要です。

旅行保険をケチって、ビクビクと旅をしていては楽しめませんしね。

クレジットカード

日本ではクレジットカードを使わない人でも、海外旅行では必需品です。

両替は最低限にして、クレジットカードで払うほうがお得で便利です。

カードはVISAかMasterの二択です。JCBはあまり使えません。

スキミングなどの被害が怖い人は、レシートをきちんと保管しておけば対処できるので、心配する必要はありません。

また盗まれたとしても、カードは保証が付いているので安心です。

現金は盗まれたり、落としたりすると、戻ってくることはありませんから。

万が一に備えて、カードは2枚持っていくことをオススメします。

2枚のカードを別々の場所に保管しておけば、1つ紛失しても代わりを使えます。

GoogleMapで地図をダウンロード

GoogleMapアプリで地図をあらかじめダウンロードしておけば、オフラインでも表示でき、ナビもしてくれるので大変便利です。

また行きたい観光名所なども事前に登録しておくことができます。

日本でダウンロードし忘れた場合でも、宿のWi-Fiを使うことができます

ポケットWi-Fiを借りていく必要はありません。

持ち物はクレジットカード・パスポート・スマホだけあれば、とりあえずはOKです。忘れ物をしたら、現地で買えばいいのです。

まとめ

この記事をまとめると

3つの横断ルート

  • ニューヨーク-ロサンゼルス
  • シカゴ-ロサンゼルス
  • オーランド-ロサンゼルス

最低限の1人あたりの費用

  • 1人旅 305,000
  • 2人旅 216,000
  • 3人旅 186,000
  • 4人旅 171,500

事前準備

  • レンタカーの予約
  • クレジットカード
  • 海外旅行保険
  • GoogleMapのダウンロード

あまり費用や日数をかけずにアメリカ横断を実現できるので、「定年退職してから、アメリカ横断するんだ」と考えている人は、近いうちに挑戦することも検討してみてください。