観光情報

一週間でアメリカ横断したルートを公開【写真で簡単に説明】

アメリカ横断はどのような流れで、どの都市を通っていくのかと疑問に思っている方へ!長い旅行日記ではなく、サラッと写真付きで書いている記事です。

実際に僕が1週間でアメリカ大陸を車で横断したルートを1日ごとに説明しています。時間がない方は写真だけでも見て、横断旅行の雰囲気を味わってください。

車でのアメリカ横断の費用や準備するものなどの情報は別のブログで書いています。

いざ出発地点のシカゴへ

出発地はトロントです。僕はカナダのトロントからバンクーバーへの引っ越しのついでに、友達を乗せてアメリカ横断をしました。

出発当日の早朝はトロントは路面は凍結・吹雪だったので、恐怖のドライブとなりました。しかも走って1時間でタイヤもパンクしてしまい、すぐタイヤ交換するはめに。その後、シカゴに向けて出発しました。

Day 1 シカゴ

今回のアメリカ横断のスタート地点はシカゴにしました。シカゴはニューヨーク・ロサンゼルスに次ぐ3番目に人口の多い都市です。

僕にとってはシカゴはアートの街としての印象が強くなりました。いたるところで奇抜なアート作品や建築物があり、大都市とアートが融合している街です。シカゴリバーからでる観光船にのって、シカゴの巨大ビル群を観光もGOODでした。

また、帝国ホテルを設計したことでも有名な近代建築家のフランクロイドの邸宅を巡るツアーもシカゴ観光の見所の一つです。

Day2 セントルイス

セントルイスはシカゴから約480km南西にある都市です。街も綺麗で、いい感じの都会なので、街歩きも楽しめました。僕たちは二つの観光名所を訪れました。

セントルイス大聖堂

この大聖堂はセントルイスで最も古い建築物です。また入場料も無料で、自由意思での寄付することができます。観光客は少なく、落ち着いた雰囲気で大聖堂の内部を見ることができました。

天井のモザイクはかなり綺麗なので、立ち寄る価値あり。ホームページにはミサの時間がのっているので、その時間に合わせて行くこともできます。

ゲートウェイ・アーチ

高さ190mにもなる巨大なアーチです。アーチの中に入ることができ、トラムに乗って上に上がることもできます。入場料は12-16ルと日によって違います。実際に見たインパクトはかなりすごいので、絶対立ち寄ることをお勧めします。

 

Day3 オクラホマシティ

セントルイスから西に800km

オクラホマシティは何にも見どころがなかったので、ランチだけ食べて、通過。

オクラホマシティより、さらに西に行ったところのルート66モーテルという、いかにもアメリカ横断にふさわしいモーテルに泊まることにしました。

モーテル近くの夕日は美しかった。

結局、3日目は1000kmを超える移動日になりました。

Day4 サンタフェ

オクラホマシティから西へ約850km

サンタフェはニューメキシコ州という名前だけあって、ほかのアメリカの都市とは違った街でした。

下調べもそんなにしていなかったので、街は赤茶色の建物が並んでおり、いきなり異世界に入ったような感じがしました。

レストランで友達がチベット人に間違われたのは、自分の中のかなり面白い思い出(笑)

旅行ってこういう自分達だけしか笑わない話がいっぱいある。

・サンミゲル教会

アメリカ最古の教会です。現在建物は1710年に再建されたものです。

・ロレットチャペル

1878年に建てられた歴史ある教会です。内部には支柱がない不思議な螺旋階段がありました。

Day5 グランドキャニオン・モニュメントバレー

サンタフェから北西に560kmのところにモニュメントバレーがあり、さらに南西に300kmのところにグランドキャニオンがあります。

モニュメントバレー

バックトゥーザフューチャーやフォレストガンプの撮影でも使われたことで有名です。

入場料は車120ドル。その料金に大人4人までの料金が含まれています。

モニュメントバレーの入口に入るまでのドライブも最高。入ってからも最高でした!

グランドキャニオン

言わずと知れた世界的に有名な観光地で、全長450kmの大渓谷。

入場料は車1台35ドル(3900)

旅行者が訪れるグランドキャニオンの名所はサウスリムとノースリムの二箇所あります。

ほとんどの観光客はサウスリムを拠点とします。僕たちもサウスリムの宿で1泊しました。

僕が言うまでもなく、凄い綺麗だった。

Day6 ラスベガス

グランドキャニオンのサウスリムから西へ460km

大自然の中から突如として現れたラスベガスを見たときは、テンション上がりまくった。

バカでかく派手な建物・看板があって、派手さを競い合っている街でした。

カジノをしなくても十分楽しめます。インスタ映え間違えなし!

Day7 サンフランシスコ

ラスベガスから北西に900km

都会でありながら、自然もあり、世界の様々な文化が入り混じった街です。

街を歩き始めて「アメリカに住むならここがいい」と思いました。

・チャイナタウン

アジア以外では世界最大のチャイナタウンです。多くのお店で「買ってどうすんの?」っていう変な置物が売られていました。雑多な感じがして散歩には面白かった。

・ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコのシンボルであるこの橋は、歩いて渡ることも可能です。

アメリカ横断のスタート地点のシカゴから、7日間で西海岸のサンフランシスコまでたどり着くことができました。移動はかなり多かったものの観光も十分できたので、かなり満足できた旅でした。

サンフランシスコ出発した後は時間もなかったので、観光せずに北上してポートランドで1泊した後、国境を越えてバンクーバーに到着しました。その道中、車の窓を開けると大麻の匂いが。。。。かなりの時間匂いが続いた。今でも謎のままです。

◎オススメの1日のスケジュール

早朝に出発(寝る前に出発の準備をしておく)

朝食は車の中で

昼過ぎに目的地に到着、ランチ

観光

時間に余裕があれば、さらに進む

チェックイン

夕食

早めに就寝

最後に

毎日こんな走るのは無謀だと思う方もしるかもしれませんが、僕は1人で走破できたので、2-3人いれば、かなり楽に横断できます。高速はずっと真っ直ぐな道が多く、時速130kmぐらいで走っているので、800kmを運転しても、日本の高速より疲れません。

ナビで500km直進と表示されることはザラで、あまりにも緊張感のないドライブになるので、居眠り運転だけは注意しましょう。自分の運転で横断することで、アメリカ大陸のスケール感を体感できます。たまには普通の観光旅行と一味違う旅も楽しいと思います。