BCG

Undead Blocksの始め方|NFTの購入方法も解説【FPS NFTゲーム】

こんにちは、ゆるたけ(@yurutake_crypto)です。

この記事では、FPS NFTゲームのUndead Blocks(アンデッドブロックス)の始め方を解説します。

ゾンビを滅することで稼ぐことのげきるNFTゲームだよ!

Undead Blocks(アンデッドブロックス)は無料でプレイできますが、稼ぐためには基本的にNFTが必要になります。

本記事の内容

Undead Blocksとは

Undead Blocks NFTの買い方

Undead Blocksの始め方

上記の内容を詳しく解説します。

Undead Blocks(アンデッドブロックス)とは

まずは動画を見て、雰囲気を感じてください!

Undead Blocks(アンデッドブロックス)は、ゾンビ系のFPSのNFTゲームです。公式サイトでは「Kill to Earn」と表現しており、ゾンビを倒すことで報酬を稼げるシンプルな仕組みになっています。

FPS系のNFTゲームは少ないので、海外を中心に注目されています。プレイを楽しみながら報酬を獲得できるゲーム性になっています。

名称 Undead Blocks
ジャンル ゾンビ系FPS
対応機器 PC
仮想通貨 UNDEAD/ZBUX
言語 英語
チェーン イーサリアム

 

Undead Blocks(アンデッドブロックス)の特徴

特徴としては以下の3つが挙げられます。

特徴①:ゲームモード

Undead Blocks(アンデッドブロックス)には、ゲームモードは3つあります。

  1. ソロプレイ
  2. マルチプレイ:パーティーを組んで仲間と共にゾンビを倒す
  3. スピードラン:ミッションをできるだけ早く達成する

特徴②:スカラーシップがある

Undead Blocksにはスカラーシップの仕組みがあり、NFT所有者は武器や装備をスカラー(借り手)に貸し出すことができます。

NFT所有者は、貸し出すことでプレイしなくても手数料収入を受け取れます。またスカラーは武器や装備を借りることで、初期費用をかけずに稼ぐことができます。

特徴③:ステーキングがある

Undead Blocksには、ステーキング機能が実装されています。$UNDEADトークンをステーキングすることで収益を獲得できるだけでなく、武器や装備を手に入れられる設計になっています。

特徴④:コントローラー対応

アンデッドブロックスコントローラー

キーボードだけでなく、ゲーミングコントローラーにも対応しています。

$UNDEAD/$ZBUXトークン

Undead Blocksは、デュアルトークンシステムを採用しているため、二つのトークンが存在します。

$UNDEAD

$UNDEADトークンはガバナンストークンです。簡単に言えば、ゲーム外トークンです。

  • 投票
  • ステーキング
  • 限定アイテムの購入

などの使用用途があります。

執筆時点では、CEXのGato.io、DEXのUniSwap(ユニスワップ)で上場されています。

$UNDEADコントラクトアドレス:0x310C8F00b9dE3c31Ab95ea68feb6C877538f7947

$ZBUX

$ZBUXはゲーム内トークンです。$ZBUXは価格が安定したステーブルコインであり、ゲーム内の報酬通貨です。

  • 武器や装備をアップグレード
  • 武器や装備の購入
  • ルートボックス(ガチャ)の購入

などの使用用途があります。

$ZBUXは取引所で購入することはできず、ゲーム内でしか獲得することができません。ゲーム内で$ZBUXを獲得して、それを他の通貨と換金することで、稼ぐ仕組みになっています。

Undead Blocks(アンデッドブロックス)の初期費用

Undead Blocksは無料で始められるNFTゲームです。ですが、稼ぐためにはNFTが必要で、スカラーになってNFTを借りる、もしくは自分で手に入れることになります。

執筆時点では、ステーキングでNFTをゲットする初期費用は約20万円、OpenSeaでの購入は約4万円です。

Undead Blocks(アンデッドブロックス)ロードマップ

2022Q3

  • フルゲームローンチ-PC
  • $ZBUXローンチ
  • ゲーム内マーケットプレイスの立ち上げ
  • レンタルポータルの立ち上げ

2022Q4

  • 限定版の武器NFTリリース
  • DAOの投票とガバナンスの仕組みが完成

 

Undead Blocks(アンデッドブロックス)NFTの購入方法

Undead BlocksのNFTは、OpenSeaのイーサリアムチェーンで販売されています。NFTを買う流れとしては、こんな感じです。

  1. ビットフライヤーの口座開設(方法
  2. ビットフライヤーでETHを購入(方法
  3. メタマスクをインストール(方法
  4. bitFlyerからメタマスクにETHを送金(方法
  5. OpenSeaでNFTを購入する(方法
Undead Blocksは無料で始められますが、稼ぐためには仮想通貨取引所とメタマスクは必須です!プレイする前に準備しておきましょう!

メタマスクにETHを送金すると、あとはOpenSeaで購入するNFTの「Buy now」をクリックすれば購入が完了します。
Undead Blocks Genesis Weapons Opensea
Undead Blocks Apocalypse Collection OpenSea

 

Undead Blocks(アンデッドブロックス)の始め方

まずは、Undead Blocks公式サイトにアクセスして、ホーム画面の「Download Beta」をクリックします。
Undead Blocks公式サイト

「Download Undead Blocks (Beta)」をクリック。

基本情報を入力してアカウントを作成します。次の画面で「Download」をクリックして、ゲームをインストールすると始めることができます。

初期費用が高いので、無料でプレイしてみてからNFTを買うか決めても良さそうです。

今回は以上になります。お疲れ様でした。

NFTゲームでわからないことがあれば、LINE@でメッセージください。

WEB3マップ|LINE@で無料相談!

「WEB3マップ 公式LINE@」をオープンしました!
参加無料!ずっと無料です!

期間限定でNFTの買い方無料講座も配信中!
NFTを買いたいけど、最初の一歩を踏み出せない人は是非登録してください。

・そもそも何から始めていいか分からない
・NFTを買ってみたいけど…買い方がチンプンカンプン。
・ブロックチェーンゲームの始め方を知りたい
・怪しいDMがきたから、誰かに相談したい
・ビットコインをお得に購入・運用する方法を知りたい

などなど、本来ならセミナーで学ぶようなことを、LINE@で相談できます。

気軽に参加してください!

公式 LINE@
無料登録はコチラ