くりぷと

Gate.io(ゲート)口座開設の方法【KYC/セキュリティ設定/入金も解説】

こんにちは、ゆるたけ(@yurutake_crypto)です

この記事では、Gato.io(ゲート)の口座開設の方法を紹介します。

準備するものは、運転免許証だけだよ!

口座開設は無料で、登録手続き自体は10分もあれば完了します。

この記事の内容

口座開設の手順

KYCの手順

セキュリティ設定

入金方法

上記の内容を詳しく説明します。

では始めます。

Gato.io(ゲート)口座開設の方法【KYC/セキュリティ設定も解説】

まずは、Gate.ioの公式サイトにアクセスします。
Gate.io 公式サイト

上記は特別登録リンクで、1年間の取引手数料が20%OFFになります。

  • STEP1
    メールアドレスとパスワードを登録する

    メールアドレスとパスワードを入力して、紹介コードが入力されていることを確認します。同意事項にチェックを入れ「アカウントを作成」をクリックします。

  • STEP2
    アカウントを有効化する

    gato.ioから、入力したメールアドレス宛にメールが送信されます。

    メールを開き、リンクをクリックします。

    上記の画面が表示されたらOKです。「ログインはこちらから」をクリックします。

  • STEP3
    再びログインする

    メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

    メールに認証コードが届くので、コピーします。

    認証コードを入力してログインします。

  • STEP4
    ID検証をする

    仮想通貨を取引する前に”ID検証”と”セキュリティ検証”をしていきます。

    トップページの人型のアイコンから「ID検証」をクリックします。

    「固有 今すぐ検証」をクリックします。

  • STEP5
    本人確認書類を提出する

    空欄箇所を埋めていきます。フルネームは漢字です。苗字と名前のスペースをあけずに入力でOK。

    身分証明書をアップロードします。

    Gate.ioを記載したメモと、身分証明書を持っている姿の写真をアップロードします。

    メモはこんな感じでOKです。

    最後に「確定して送信」をクリックすると手続きは完了です。ボクの場合、審査に3時間ほどかかりました。気長に待ちましょう。

    審査を無事パスすると、メールに通知が届きます。

  • STEP6
    ID認証2をする

    ID認証2は、ID認証1を終えてからでしかできないので、審査を待っている間にセキュリティ設定をするのもありです。

    今回はより簡単な「顔認識スキャン」で、ID認証2をしていきます。”顔認識スキャン”を利用するためにはgato.ioのアプリが必要になるので、ブラウザで操作している人は、アプリをインストールしましょう。

    gate.ioアプリにログインして、赤丸で囲んでいる読み取りアイコンをクリックします。

    パソコン画面に表示されているQRコードを読み取ります。

    「Start certification」をクリックして、指示に従って顔を撮影します。撮影が終わると、ID認証2が完了します。

  • STEP7
    セキュリティ設定をする

    人型のアイコンから「セキュリティ検証」をクリックする。

    まず資金パスワードを設定します。右側の「設定」をクリックする。

    資金パスワードを入力します。認証コードを取得&入力して「決定して変更」をクリックします。

    なお資金パスワードはログインパスワードと別でなければなりません。

  • STEP8
    2段階認証を設定する

    2段階認証の「即時紐付け」をクリックする。

    「こちらをクリック」をクリックする。

    Google Authenticatorが必要なので、まだ持っていない人はインストールしましょう。

    Google Authenticatorから、記載されているQRコードを読み取ると、gato.ioが追加されいます。

    全ての認証コードを入力して「2段階認証を有効化」をクリックすると、Google Authenticatorの設定が完了します。

    もう少しセキュリティを強固にしたい人は、「SMS設定」から電話番号認証を追加しましょう。

 

Gate.ioで仮想通貨を入金する方法

今回は、国内暗号資産取引所のbitFlyerからGate.ioへの送金を例に説明します。bitFlyerなら、XRPの送金手数料が無料です。
bitFlyer 公式サイト

仮想通貨の送金は、手数料が安く送金速度も早いXRPがおすすめだよ!

他の暗号資産取引所でも、ほぼ同じ方法で送金できるので、あてはめて読み進めてください。

  • STEP1
    Gato.ioの入金アドレスをコピーする

    Gate.ioにログインします。「ウォレット」から「入金」を選ぶ。

    通貨に「Rippple XRP」を選ぶ。ChainはXRPでOKです。

    新しいアドレスが生成されるのを少し待ちます。

    表示されたXRP入金アドレスXRP入金タグをコピーします。

  • STEP2
    送金先の新規宛先を追加する

    ビットフライヤーを開いて、入出金の画面からリップル(XRP)を選びます。送付から「アドレスを登録する」をクリックします。指示に従ってすすみ、宛先追加画面を表示します。

    • 宛先名称:任意で自分がわかる名称を入力
    • リップルアドレス:Gato.ioのXRP入金アドレスを貼りつける
    • 宛先タグ:Gato.ioのXRPのタグを貼りつける

    上記の内容を入力して「次へ」をクリックします。基本情報を入力して「追加する」をクリックすると宛先が追加されます。

  • STEP3
    XRPをGate.ioに送金する

    リップル(XRP)の送付画面から、追加したアドレスを選択します。

    送金するXRPの数量を入力して「送付する」をクリックします。確認画面をすすむと、送金手続きが完了します。

今回は、Gate.ioで仮想通貨取引を始めるまでの手順を解説しました。

Gate.ioでは、さまざまなトークンが上場されるため、かなり儲けるチャンスがあります。また他の海外暗号資産取引所でもIEOが実施されるため、複数の口座を持つのも利益をあげる一つの手段です。

 

他の海外取引所の口座開設をしてみる!