NFT

OpenSea(オープンシー)NFTの3通りの買い方を解説【固定価格/オファー/オークション】

こんな悩みを解決💡

・OpenSeaでの購入方法が分からない

・オファーのやり方を知りたい

・オークションでの入札方法が分からない

上記のNFT購入の全般の悩みを解決します!

 

OpenSeaは、まだまだユーザーが使いやすいプラットフォームにはなっていません。NFTの買い方が複雑すぎるんですよね。

また購入方法だけでなく、支払いに使う暗号資産もバラバラです。事前に知っておかないと、いざ購入する時に「お金が足らない」なんてことにもなります。

今回はOpenSeaの3通りの購入方法について、詳しく説明します。

 

この紫色のイーサリアムのロゴは、Matic(Polygon)のNFTです。PolygonのNFTを購入したい人は以下のリンクを参考にしてください。

【OpenSea】Polygon NFTの買い方を丁寧に解説!【完全ガイド】この記事では、OpenSea(オープンシー)でPolygon(ポリゴン)のNFTを購入する方法を解説しています。今回はbybitからMATIC(マティック)をメタマスクに送金してから、オープンシーでNFTを買う手順を説明しています。手数料も安く抑えたい人に参考になる内容になっています。...

では、始めていきますね。

 

オープンシーでNFTを買うための事前準備

基本的に、オープンシーでNFTを購入する事前準備として、暗号資産ウォレット、暗号資産(ETH/MATIC)が必要です。

大まかな流れはこんな感じです。

事前準備ができていない人は、上記のリンクを参考にしてください。

 

オープンシーの3通りの購入方法を解説

オープンシー購入方法は以下の3つです。

  • 固定価格での購入【Buy now】
  • オファー形式での購入【Make offer】
  • オークションでの購入【Place bid】

固定価格での支払いはETH(イーサリアム)ですが、オファー/オークション形式の支払いはETHをラップしたWETH(ラップドイーサ)でおこないます。

ETHをWETHに変えるイメージとしては、現金を小切手にするような感じです。価値としては変わらないのですが、別用途として使えるようにアップグレードしたものです。

それぞれ詳しく説明していますね。

 

固定価格(基本的な買い方)

固定価格での購入は1番簡単なNFTの買い方です。ウォレットにあるイーサリアムを使って、簡単に購入できます。固定価格で出品されているNFTは、出品画面に「Buy now」というボタンがあります。

  • STEP1
    購入画面にアクセス

    購入画面から「Buy now」をクリックします。

  • STEP2
    注文内容の確認

    内容を確認したら「Confirm checkout」をクリックする。

  • STEP3
    支払い

    ガス代(手数料)を確認して「Confirm」をクリックします。以上で購入は完了です。

  • STEP3
    購入したNFTの確認

    購入したNFTは、自分のプロフィールの「Collected」から確認できます。

 

オファー形式での買い方

オファー形式というのは、購入者側がNFT所有者に対して、買いたい価格を提示しするということです。そのNFTの所有者がオファーを受け入れると、取引が成立します。

なのでリスティングされていないNFTにもオファーすることができます。また固定価格より、安い値段でオファーをしてみるなどの価格交渉の手段にもなります。

オファー形式で出品されているNFTは、出品画面に「Make Offer」というボタンがあり、支払いはWETHを使います。

では、実際にオファーをする手順を説明していきます。

  • STEP1
    オファーしたいNFTのページにアクセス

    「Make offer」をクリックします。

    同意事項にチェックを入れる。

  • STEP2
    コンバート(両替)画面にアクセスする

    「Convert ETH」をクリックする。

  • STEP3
    ウォレットに接続

    「ウォレットに接続」をクリックする。

    「MetaMask」をクリックする。

    「次に」をクリックする。

    「接続」をクリックする。

  • STEP4
    ETHをWETHに交換する

     

    1. 「ETH」を選択する
    2. 両替金額を入力する
    3. 「WETH」を選択する
    4. 「ラップ」をクリックする

     

    手数料を確認して「確認」をクリックする。以上で両替は完了です。

  • STEP5
    WETHを確認をする

    メタマスクを開き、WETHに金額が反映されていたらOKです。

    もしメタマスクにWETHが表示されていない場合は「import tokens」をクリックします。検索欄から「WETH」を調べて、トークンを追加します。

  • STEP6
    オファーをする

    WETHを手に入れた後に、再びオファー画面に戻ります。購入したい金額とオファーの有効期限を入力して「Make offer」をクリックする。

    オープンシーで初めてWETHを使用する場合は、ガス代(手数料)が必要になるので、支払い手続きの画面が表示されます。2回目以降はガス代はかかりません。

    「Sign」をクリックするとオファーが完了します。

  • STEP7
    オファーを確認をする

    オファーしたNFTの出品画面に、オファー内容が表示されます。いつでもオファーを取り消せますが、キャンセルする場合は手数料がかかります。

    取引が成立した時に提示したWETHが支払われ、期限がすぎると手数料なしで自動的にオファーが取り消されます。

 

オークション形式での買い方

オークションはNFTの競りです。基本的に、期間内に1番高い価格を入札した人が、そのNFTを落札できます。オークションでの購入は、オファーと同じくWETHでの支払いになります。

オークション形式で出品されているNFTは、出品画面に「Place bid」というボタンがあります。

  • STEP1
    入札するNFTにアクセスする

    入札したいNFTの画面にアクセスして、「Place bid」をクリックします。

  • STEP2
    両替画面にアクセスする

    「Convert ETH」をクリックする。

  • STEP3
    ウォレットに接続

    次に「ウォレットに接続」をクリックする。

    ウォレットの選択画面で「MetaMask」をクリックする。

    「次に」をクリックする。

    「接続」をクリックする。

  • STEP4
    ETHをWETHに交換する

     

    1. 「ETH」を選択する
    2. 両替金額を入力する
    3. 「WETH」を選択する
    4. 「ラップ」をクリックする

     

    手数料を確認して「確認」をクリックする。以上で両替は完了です。

  • STEP5
    WETHを確認をする

    メタマスクを開き、WETHに金額が反映されていたらOKです。

    もしメタマスクにWETHが表示されていない時は「import tokens」をクリックします。「WETH」を検索して、トークンを追加してください。

  • STEP6
    入札する

    WETHへの両替のあと、入札画面に戻ります。入札したい金額を入力して「Place Bid」をクリックします。

    オープンシーで初めてWETHを使用する場合は、ガス代(手数料)が必要になるので、支払い画面を進んでいきます。2回目以降はガス代はかかりません。

    最後に、入札を完了させるために「Sign」をクリックします。

  • STEP7
    入札の確認

    入札したNFTの画面で、入札履歴を確認できます。「キャンセル」をクリックすると、いつでも入札を取り消すことは可能ですが、取り消しには手数料がかかります。

今回は以上になります。

お疲れ様でした。

 

PolygonのNFTを買ってみる!

【OpenSea】Polygon NFTの買い方を丁寧に解説!【完全ガイド】この記事では、OpenSea(オープンシー)でPolygon(ポリゴン)のNFTを購入する方法を解説しています。今回はbybitからMATIC(マティック)をメタマスクに送金してから、オープンシーでNFTを買う手順を説明しています。手数料も安く抑えたい人に参考になる内容になっています。...

 

ゆるたけ公式LINE@メンバー募集

「ゆるたけ 公式LINE@」をオープンしました!

・参加無料!ずっと無料!
・ゆるたけの得た有益情報を受け取れる
・仮想通貨の世界を生き残るための秘訣をシェア

という、本来なら月額かかるような有益な情報をLINE@で受け取れます!

気軽に参加してください!

公式 LINE@
無料登録はコチラ