NFT

【NFTを始めるには?】初心者がOpenSeaでNFTを買う方法【ロードマップ】

こんな悩みを解決💡

  • NFTを始めるには、どうしたらいい?
  • NFTの買い方を1から説明して欲しい
  • 何から始めていいのか分からない
上記の悩みを解決する記事を書きました!

今回は、世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)でNFTを買う方法を紹介します。

NFTマーケットプレイスは海外だけでなく国内にも多数ありますが、OpenSeaを利用するのが一般的です。出品数も世界最大で、有名なNFTの大多数がOpenSeaで売買されています。

この記事で説明する内容は大きく分けて2つあります。

  1. NFTを買うため知っておくべきこと
  2. OpenSeaでNFTを買う手順

この記事を読めば、事前知識ゼロでも、OpenSeaでNFTを手に入れることができます!

では、さっそく始めていきます。

NFTを買うために知っておくべきこと

OpenSeaでNFTを買うために知っておくべき基本的な情報/知識を説明します。

NFTを始めるには、何を準備すればいいの?

NFTを始めるには、暗号資産取引所と仮想通貨ウォレットが必要です。

必要な準備

国内暗号資産取引所に登録

海外暗号資産取引所に登録

メタマスクをインストール

上記の3つが、OpenSeaでNFTを買うための最低条件といえます。

それぞれの方法をまとめているので、参考にしてください。

・GMOコインの口座を開設する(手順←送金手数料無料

・Bybitの口座を開設する(手順

・メタマスクをインストールする(手順

スムーズなら30分ほどで、上記の全てをすることができます。口座開設やメタマスクのインストールは無料です。

初期費用はいくらかかる?

OpenSeaで販売されているNFTは、1番安い価格で0.0015ETHで販売されています。

執筆時点で、日本円で600円ぐらいが1番安い価格でした。

国内暗号資産取引所から、仮想通貨を送金するときの最低出金額が6000円ほどです。なので6000円〜1万円ぐらい用意すれば、オープンシーでNFTを買うことができます。

NFTの種類(チェーン)は?

OpenSeaに出品されているNFTは、基になったチェーンによって、買い方や支払う仮想通貨が違います。

現在、OpenSeaでは、上記の4つのチェーンのNFTを売買することができます。

Ethereum(イーサリアム)NFT

NFTのチェーンの種類は、金額の横のロゴを見ることで判別できます。このロゴは、イーサリアムのNFTです。

買い方は3通りあります。

  • 固定価格での購入【Buy now】
  • オファー形式での購入【Make offer】
  • オークションでの購入【Place bid】

固定価格での購入は支払いにETHを使いますが、オファー/オークション形式では、WETH(ラップドイーサ)というトークンを使います。

OpenSeaでイーサリアムのNFTを買い方は、以下の記事で詳しく解説しています。

OpenSea(オープンシー)NFTの3通りの買い方を解説【固定価格/オファー/オークション】この記事では、OpenSeaでのNFTの買い方を解説します。固定価格・オファー・オークションの3通りの方を説明しています。またETH(イーサリアム)からWETH(ラップドイーサリアム)への両替方法も紹介しています。...

Polygon(ポリゴン)NFT

PolygonのNFTは、イーサリアムと同じロゴですが、色が紫です。Polygonは売買手数料が安く、初めて買うNFTとしておすすめです。

支払いに使うトークンは、PolygonのETH(Ethereum)です。普通のETHでは、支払うことができないので注意してください。

PolygonのNFTの買い方については、後ほど詳しく説明します。

Solana(ソラーナ)NFT

「S」のロゴは、SolanaのNFTです。SolanaのNFTを買うためには、SOLというトークンが必要になります。

また、Solanaに対応した仮想通貨ウォレットも必要なため、少し難易度が高いです。少し慣れてから、Solanaに挑戦すればOKです。

詳しい買い方は、リンクを参考にしてください。

OpenSeaでソラーナのNFTを購入する方法【完全ガイド】OpenSea(オープンシー)でSolanaのNFTを購入する全手順を説明しています。ソラーナ(SOL)を購入する手順は3通りあり、Liquid by FTX、Bybit、Binanceのいずれかで買います。それぞれの前手順を解説しています。...

Klaytn(クレイトン)NFT

「K」の文字か入ったロゴのNFTは、Klaytnチェーンです。支払い通貨はKLAYです。あまり人気がないので、KlaytnのNFTはスルーで大丈夫です。

 

OpenSeaでNFTを購入する手順

OpenSeaで初めての購入は、Polygon(ポリゴン)チェーンのNFTがオススメです。

イーサリアムのNFTは、購入時にかかる手数料が2000円〜1万円と、かなり高額です。またSolanaは、買うまでの手順が少し難しいです。

このページではPolygonのNFTを買う手順を丁寧に説明していくよ!

PolygonのNFTを買う流れはこんな感じです。この手順は手数料を最も安く抑えることができる方法です。

・手順①:GMOコインの口座開設

・手順②:GMOコインで暗号資産の購入

・手順③:Bybitの口座を開設

・手順④:GMOコインからBybitに暗号資産を送金

・手順⑤:メタマスクをインストール

・手順⑥:メタマスクにPolygonネットワークの追加

・手順⑦:BybitでMaticを購入する

・手順⑧:BybitからMaticをメタマスクに送金する

・手順⑨:MaticをETH(Polygon版)に交換する

・手順⑩:OpenSeaでPolygonのNFTを購入する

なお国内取引所は、購入手数料/送金手数料が1番お得なGMOコインを例に説明しますが、別の取引所を使ってもOKです。

では手順を説明していきます。

OpenSeaで初めてNFTを買う手順は以上になります。

お疲れ様でした。

 

違うチェーンのNFTを購入してみる

・OpenSeaでイーサリアムのNFTを購入してみる(解説記事

・OpenSeaでSolanaのNFTを購入してみる(解説記事