観光情報

車でカナダ横断!オススメ都市【バンクーバー〜トロント】

たけし
たけし
この記事では、車でのカナダ横断のオススメ都市を紹介します。

2018年の9月から約20日間かけて、バンクーバーからトロントへ車で横断しました。

妊婦の妻と1歳になったばかりの娘を連れていたので、20日間と旅程は長めにしました。

時間がない人は1週間もあれば、カナダ横断は可能でしょう。

ぼくたちのルートはこんな感じです↓

カナダの内陸が退屈だったので、旅程を変更して、シカゴ経由でトロントに向かうことにしました。

アメリカを経由したことで、かなり楽しい旅になり、ルートを変更したことは正解でした。

この横断で、立ち寄って良かった5つの都市を紹介していきますね。

ぜひ旅行計画の参考にしてください。

カナダ横断の見所

1、クリアウォーター

バンクーバーから出発して、まずカナディアンロッキーの北西の玄関口でもあるマウントロブソンに向かいました。

道中は雄大な高原の景色を眺めながらのドライブ。

カムループスを経由して、クリアウォーターという町に立ち寄りました。

クリアウォーターはテレビCMでつかわれるぐらい、滝が有名で、数多く点在しています。

ほぼ全ての滝に、車でアクセスすることができます。

中でもヘルメッケン滝は、高さも水量も見事なものでした↓

滝以外の見どころである、グリーンタワーという展望台も訪れたのですが、そこに行くまでの道が険しく、約4キロも砂利道を運転することになるので注意が必要です。
 
滝に癒されたい人は、クリアウォーターに立ち寄ってください。

2、バンフ国立公園

バンフはカナダ観光のハイライトであり、ぼくの3年間のカナダ生活で1番感動した場所です。

ぼくたちはバンフ国立公園を含むカナディアンロッキーを最大限に楽しむために、北西にあるマウントロブソン国立公園から南東に走り抜けました。

国立公園内はホテルの値段が高いので、手前の街のバルマウントに一泊してから、マウントロブソン国立公園に入りました。

国立公園の入り口で、カナディアンロッキー全体の入場料を支払うことになります。
 
ぼくらはジャスパーとバンフで2泊する予定だったので、40ドル支払いました。
 
ジャスパーはこじんまりとした町ですが、さすがに国立公園内だけあって、自然豊かな風景が広がっています。
 
カナディアンロッキー2日目はジャスパーからバンフまでの300kmの道のりを観光名所に寄りながらのドライブ。
 
印象に残った国立公園内の観光名所をサクッと紹介していきますね。
 
アサバスカ滝
 
まず最初に訪れた所は、ジャスパーから32kmのところにあるアサバスカ滝。
 
豪快な滝を間近で見られます。
 
コロンビア大氷原
コロンビア大氷原は、カナディアンロッキー1番の氷河の見どころ。
 
駐車場から約10分歩きます。
 
急な坂道で足場も悪いので子どもづれの方などは注意が必要です。
 
氷河は約50メートル離れたところから見ることになりますが、ガイドツアーなどに参加すれば、氷河の上を歩くことができるようです。
 
この氷河が年々消失しているらしいので、数年後には完全に無くなるかもしれません。
 
ペイトー湖

ペイトー湖はカナダ横断で1番感動した観光名所です。

ビュースポットまでは駐車場に車を止めてから坂道を10分歩くことになります。
 
山を背に見るエメラルドグリーンの湖は、言葉を失うほどの絶景でした。
 
横にいたガイドさんの説明では、ペイトー湖は季節によって湖の色が変わるそうです。
 
結局、数々の観光地に立ち寄りながら移動していたので、ジャスパーを朝10時にでて、バンフに着いたのは夕方6時ごろでした。
 
多少遠回りにはなったとしても、カナディアンロッキーを縦断するルートはオススメです。
 
 

3、ドラムヘラー

バンフからカルガリーを経由し、ドラムヘラーに向かいました。

カルガリーには1泊したのですが、アジア系スーパーで食料を補給したぐらいしか思い出はありません。

ぼくたちはバンクーバーとトロントに住んでいたので、似たようなカルガリーにはあまり魅力を感じませんでした。

カルガリーからドラムヘラーへの道は、北海道のような牧草地が延々と広がる中、ハイウェイがまっすぐに通っており、ドライブにかなり最適でした。

ドラムヘラーは恐竜の化石の発掘地として世界的に有名な町です。

その影響で、町のいたるところに恐竜を見かけます。

インフォメーションセンター↓

とにかく町全体で、恐竜推しがハンパないです。

Royal Tyrrel Museumという恐竜博物館には、この地で発掘される恐竜の骨や虹色のアンモナイトの化石などが展示されていて、見ごたえたっぷりでした。
 
Original=本物の骨や化石。Cast=本物そっくりの剥製品。これだけ覚えていれば博物館を満喫できるでしょう。
 
ぼくたちは参加していませんが、発掘ツアーもあるので、恐竜好きな人は2・3泊するのも良いかもしません。
 
また、町から車で約15分のところにある”Horse thief”と呼ばれる渓谷もオススメです。
 
 
ミニ・グランドキャニオンといった感じの風景が広がっています。
 
特に夕日の時は絶景です。
 
 

4、ウィニペグ

ドラムヘラーからウィニペグへの道のりは、退屈なものでした。

メディスンハット・レジャイナ・ブラントンに宿泊しましたが、観光名所もなく、ただ寝るためだけに滞在したようなものです。

道中の風景も緑がなく殺風景で、眠たくなるようなドライブでした。

ウィニペグへの移動で思い出に残っていることは、多くの虫がフロントガラスにぶつかって死んでいったことぐらいです。

おかげで車はめちゃくちゃ汚くなりました。

マニトバ州都であるウィニペグは、くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)のモデルとなった熊の出身地として知られています。

Winnie-the-Poohの銅像があるアシニボイン公園に記念撮影をしにいきました。

公園が大きく、銅像を見つけるまでに30分ほどかかりました。
 
 
プーさんの銅像は地元であまり有名ではなく、情報がほとんどなかったことも探すのに苦労した要因です。
 
ウィニペグの中心地にはフォークと呼ばれる、昔から人々が行き交う交流の場所があり、現在は再開発されてお洒落なマーケットになっています。
 
お昼ご飯にはピッタリでした。
 
その周辺から船が出たり、ビジターセンターがあったり、観光の拠点となる場所です。

5、シカゴ

カナダ横断序盤で、バンフというカナダ最大の観光名所を訪れたことで、それ以降はあまりテンションがあがらない旅が続いていました。

このままカナダ横断を続けても、楽しめないと感じたので、ウィニペグから南下してアメリカ経由でトロントに向かうことにしました。

ミネアポリス、ミルウォーキーに立ち寄ってから、シカゴに到着しました。

アメリカに入ってからは、スーパーの品揃えが変わったことで、食の面での楽しみが増えました。

ミネアポリス・ミルウォーキーもよかったのですが、シカゴは特にいい都市でした。

さすがアメリカ第3の都市だけあり観光名所も豊富で、ゆっくり4日間滞在することにしました。

フランクロイド邸宅ツアー

妻の希望で、帝国ホテルを設計したことでも有名な近代建築家のフランク・ロイド・ライトの自宅兼スタジオツアーに参加しました。

建築物が好きな人は楽しめるツアーです。

ミレニアムパーク

ミレニアムパークは、近代アートと自然の融合した公園です。

公園いたるところにアートがあるなんて、シャレていますよね。

水上タクシー

観光船や水上タクシーに乗りながら、シカゴの巨大ビル群を水上から眺める光景は圧巻です。

移動手段としても使えますし、市内観光にもなります。

最後に

ぼくたちのカナダ横断は、途中でアメリカ経由で、トロントに向かいました。

しかし大自然が好きな人は、ウィニペグからそのまま東に進路をとり、アルゴンキンパークなどの自然豊かなルートを通ることもオススメです。

また、時間に余裕のある人はトロントを通過し、フランス語圏のケベック州も訪れましょう。

ケベック州ではヨーロッパの雰囲気の街並みを感じられ、美味しいレストランも多いです。