ミニマリスト

【トイレ・風呂編】ミニマリストが伝授!断捨離できる物一覧

お風呂やトイレなどは、汚れやすく、掃除が欠かせません。トイレ掃除はもちろんのこと、カビ、ヌメヌメなどを落とすお風呂掃除は地味に面倒ですよね。

風呂・トイレのアイテムを極力減らすことができれば、掃除の負担を減らすことができます。また、断捨離することで、インテリア的にもすっきりとして、視覚的にもよく、リラッックスできる環境になります。

この記事では、風呂・トイレにおいて断捨離できるアイテムを列挙し、なぜ無くてもいいのかを解説しています。今まであったものが、必要のないものということ理解することで、捨てる勇気が生まれます。

紹介する全てのアイテムを断捨離する必要はないのです。自分が納得した上で、ものを捨てることが重要です。

ミニマリストが教える断捨離アイテムについて、他の記事もあるので、合わせて読んでください。

ミニマリストが教える断捨離アイテム キッチン編

断捨離可能な風呂用品

洗面器

子供の頃から、洗面器で掛け湯してから、浴槽に入りなさいと教わりましたが、今はシャワーでしています。シャワーをすれば、洗面器は必要ありません。

洗面器を使って浴槽のお湯で体を洗っている人は、シャワーにするか、いっそのこと浴槽に入って泡を落としましょう。その方が効率的です。

風呂用のイス

シャワーで体を洗う時に、風呂のイスは必要ありません。あったら使いますが、無くても困りません。

浴槽の蓋

風呂の蓋はカビがつきやすいうえに、かさばるのでお風呂が狭く感じます。5人以上の家族でない限り、風呂の蓋は必要ありません。風呂が湧いたら、すぐに入り、冷めたら沸かしなおせばいいだけの話です。

風呂用マット

浴室の入り口に置いているマットは、足腰が悪い人用のための滑り止めとして、利用する以外は必要ありません。水滴は使い終わったタオルで拭きましょう。

石鹸ケース 

石鹸ケースのヌメヌメは掃除が面倒です。石鹸をネットに入れて吊り下げれる商品があるので、そちらを使うことをお勧めします。泡立ちも良いので、機能的にも優れています。

洗剤のボトル

詰め替え用をそのまま浴室内に吊り下げれる便利グッズを使えば、シャンプーやボディーソープなどのボトルを置く必要がなくなります。ボトルを掃除する手間も省けますし、つり下げることで、浴室もすっきりします。

この商品は店舗で見かけることは少ないので、ネットで購入することをオススメします。

 

 

断捨離可能なトイレ用品

トイレマット

男性が立って用をたすと、飛沫が飛び散ります。トイレマットを無くすためにも、男性は座ってするべきです。

とはいっても、なかなか男性は女性の言うことを聞いてくれません。男性目線から解決策を紹介します。ズボンを脱がして、立って小便をさせましょう。そうすると、足の肌に直接飛沫を感じます。

男性自身に「こんなに飛び散っているんだ」と理解させることで、座ってするようになります。

便座カバー

便座カバーもいちいち洗うのは大変です。便座が冷やっとするのが苦手の人は、電気で温めれる便座を買いましょう。

トイレットペーパーカバー

予備を置いておくために、カバーをつけている人がいますが、必要ありません。袋に入ったままトイレの棚などに置いておきましょう。

スリッパ

男性がきちんと座って用をたせば、飛沫が飛び散らないので、床は綺麗な状態に保てます。なので、スリッパは必要ありません。

トイレブラシ

少し断捨離と話はズレますが、トイレブラシは不衛生なので、使い捨てできるトイレブラシをお勧めます。コンパクトかつ、衛生的で、トイレに置いていても目立ちません。

 
 

最後に

風呂・トイレ用品を減らすことは3つのメリットがあります。

・掃除の負担が減る

・スッキリとしたインテリアになる

・整理や管理がしやすくなる

ものが増えすぎてストレスを感じている人は、「もったいない」と思わずに、ものを減らしましょう。ものを減らすことはメリットだらけです。この記事が1つでも多くのものを減らす手助けになったら幸いです。