トラベルTIPS

ストップオーバー航空券のエクスペディアでの買い方【超簡単】

 

みなさんは航空券を最大限に活用したストップオーバーという方法を知っていますか?

全然知らない。知っているけど利用したことがない。チケットの買い方が分からない。などの悩みがある方は、是非記事を読んでください。

ストップオーバーを活用すると1度の旅で、旅行先を1つ増やすことができるようになります。

僕は19歳の時から10年間で30カ国以上の国を旅し、ストップオーバーできる航空券を使って、効率良く旅をしてきました。現在は日本とカナダを往復する生活をしています。

ストップオーバーって何?

そもそもストップオーバーとは?

ストップオーバーの意味は飛行機の経由地で24時間以上滞在することです。途中降機、レイオーバーともいいます。ストップオーバーのメリットは普通のトランジット(乗り換え)とは違い、出国して滞在・観光することができることです。

ストップオーバーは追加費用がかかるのか?

追加費用は無料〜数万円と航空会社により値段はバラバラです。ほとんどの航空会社で数千円以内でストップオーバーをすることができます。

※航空会社によってはストップオーバーを認めていないところもあります。

荷物はどうなるの?

経由地で受け取ることになります。念のために出発地のチェックインカウンターでストップオーバーすることを言っておくことで、Baggage Lostのリスクを低くできます。

 

ストップオーバー航空券の買い方

オススメのストップオーバーをつかった航空券の買い方は、色々ある経由地の中から、行ってみたい第二の候補を選ぶことです。

 

ステップ①

Expediaを開いて、航空券のホーム画面から出発地目的地を入力し、検索をクリックします。

今回は成田発、パリ着と入力しました。

 

ステップ②

検索結果の中から魅力のある経由地があるかを探します。

エミレーツ航空の経由地であるドバイ(DXB)

カタール航空の経由地であるドーハ(DOH)

エティハド航空の経由地であるアブダビ(AUH)

この中から行きたい都市を選びます。

今回は、世界一高いビルのブルジュ・ハリファがあることで有名な「ドバイ」に立ち寄ることにしました。

 

ステップ③

航空券のトップ画面に戻って複数都市を選択します。

 

ステップ④

経由地(ドバイ)を含めたルート出発日を入力し、検索をクリックします。

フライト1 東京→ドバイ

フライト2 ドバイ→パリ

フライト3 パリ→成田 

*フライトが足りなければ、右下の「他のフライトを追加」をクリックします。

 

ステップ⑤

航空会社がエミレーツ航空・追加料金・時間を確認しながら、経路を選択していきます。

  

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*乗り継ぐ航空会社が異なっていたら、追加料金が発生することが多いので注意

 

 

ステップ⑥

最終の旅程表。

ストップオーバーをしたので、ステップ②で表示された航空券より、2460円だけ高くなっています。

*経由地での滞在日数などは自由に決めることができます。

他にもストップオーバーが使える航路があるので、エクスペディアで試しに調べてみてください!調べるだけでも楽しいですよ!

 

実際に筆者がストップオーバーを使って旅行したルート

関空 → 北京 → ホーチミン(中国国際航空)

万里の長城は人生において見てみたいものの一つだったので、北京に4泊滞在しました。万里の長城の他にも、故宮博物館・天安門広場なども必見です。

デリー → マニラ  → 関空 (フィリピン)

デリー(インド)からの帰りの飛行機でマニラによりました。二ヶ月間デリーで1人旅をした後に、マニラで友達と合流して、ダイビングの免許をとりに行きました。

ラパス → クスコ → リマ (ペルビアン航空)

南米を旅行した時に、ストップオーバーを利用して、南米の大観光地のボリビアのウユニ塩湖とマチュピチュのどちらも一度の旅行で観光しました。日本から南米に行くのは、かなりお金がかかるので、ストップオーバーで効率よく旅行できました。

 

最後に

自分自身でストップオーバーの航空券を買うことができると、お得に、効率よく、色々な国を旅行することができます。

しかしストップオーバーはお得だからと無理してやるべきではなくここはいつか行ってみたかったと思っていた国が経由地だった場合にやるべきだと思います。

せわしなく旅行をしてしまうと、スタンプラリーみたいになってしまい、心から楽しめないことがあります。

時間的に余裕がある時にストップオーバーをすることが大切です。