ミニマリスト

ミニマリストと相性良すぎ!お掃除ロボットはコスパ最強!

たけし
たけし
この記事では、ミニマリストがお掃除ロボットを購入して、生活環境と夫婦関係が良くなったことについて書いています

先日引っ越したことをきっかけに、お掃除ロボットを買いました。

色んな製品を比較して”Roborock s5 max”を選びました。

一番の理由は、今流行りの二刀流だから。エンゼルスの大谷君ばりの活躍です。

掃き掃除もモップがけのどちらもできちゃいます。

「早く買っておけば良かった」と心から思いますね。

なぜ早く買わなかったのか?というと、

「ルンバを買ったけど全然使わず、タンスで眠っている」と知り合いから聞いて、

ぼくも「しょせん、その程度の性能なんだ」とお掃除ロボットの性能を疑っていたからです。

その知人の家は、家具が多いので、あまり役に立たなかったのでしょう。

また5年ぐらい前にルンバを買ったので、性能面も進化の途中だったのかもしれません。

いくら性能が向上しても、あう人・あわない人がいるのも事実。

お掃除ロボットの購入する前の注意点、メリットについて解説していきますね。

お掃除ロボットを買うべき人

ミニマリストは絶対にお掃除ロボットを買うべきですよ。

ミニマリストとの相性が良すぎます。

部屋に物が少ないので、変な隙間がなく、隅々まで綺麗に掃除してくれます。

当然のことお掃除ロボットは、家具を動かして掃除はできないので、家具があればあるほど、掃除の範囲は狭くなります。

そういう家具や物が多い家には、お掃除ロボットは向いていません。

また段差が多い家にも、お掃除ロボットは不向きです。

カーペットなどの段差が低いものは乗り越えていくのですが、ぼくが買ったRoborockは、2cmまでが限界です。

引っ越した先が築7年と新しめの賃貸住宅だったので、家の中の段差がほぼない作りになっていました。

なのでボタン一つで、リビング、寝室、洗面所、廊下を掃除してくれます。

掃除ロボットが夫婦を仲良くする

もともと妻が掃除を担当していて、その当時は掃除のことで幾度となく喧嘩していました。

「そんなに掃除が嫌なら、俺がする」と言ってしまったばかりに、

ぼくが週に一回、クイックルワイパーで掃除をすることになりました。

妻は髪の毛が多く、「君は犬なのか?」というぐらい、抜け毛がフローリングに落ちていたので、掃除にかなり苦労しました。

床に落ちているものといったら、ほぼ妻の髪の毛か子供の食べこぼし。

「自分はあまり床を汚していないのに」と自分自身では思っていたので(たぶん間違い)、掃除をしている時は少しイライラしていました。

またモップがけもやっていたので、約15分ぐらいは時間をつかっていました。

Roborockを購入して以来、掃除ライフが一変。

掃除で喧嘩することは無くなりました!

“RoborockS5″は約6万円です。この金額で喧嘩がなくなれば、安い買い物です。

毎日綺麗ぴかぴかハッピー

我が家はほぼ毎日、Roborockを起動させています。

機械は疲れを知らず、歯向かうことなく、掃除をしてくれるので本当に助かっています。

いつも保育園に子供を迎えに行くときに、ポチッとスイッチを押せば動きだします。

スイッチを入れ忘れてもスマホと連動しているので、外出先からでも電源を入れることができるのも秀逸。

帰ってくると、フローリングはピカピカ。

超気持ちいい。

毎日綺麗な部屋で過ごせることで、快適度は確実に上がりました。

今後の長い人生の中で、もう床を掃除をしなくていいなんて、素晴らしすぎます。

それもこれもお掃除ロボットのおかげです。

まとめ

この記事をまとめると、

お掃除ロボットのむいてる家

  • 家具や床に置いてるものが少ない
  • 段差があまりない

お掃除ロボットのメリット

  • 掃除での揉め事をなくす
  • 毎日ピカピカ
  • 掃除の時間が減る

掃除の負担が減り、夫婦の揉め事も無くすなんて、素晴らしい家電です。

家の環境がお掃除ロボットにむいているのなら、絶対買うべきです。

またお掃除ロボットが活動しやすいように、家具や物を減らしてもいいでしょう。

ミニマリストになれば、家事の負担が大きく減少するので、家事で疲れている人にはおすすめです。

最後に

ぼくが買った「Roborock S5 Max」は中国のシャオミの出資を受けているRoborockが開発しています。

日本ではソフトバンクが販売をバックアップしています。

正直中国のメーカーなので、警戒感がありました。

しかしSHARPも台湾メーカーの傘下になっているので、もう日本製の家電が良いという時代も終わったでしょう。

中国製とあなどるなかれ。高性能です。

お掃除掃除機といえば、”ルンバ”なんですけど、値段が高いのが難点なんですよね。

しかも掃除機とモップは別の機種。

2台も購入するとなるとお金もかかるし、スペースもとることに。

ぼくが”Roborock s5 max”に決めた理由は

  • 1台で掃除機とモップの2役
  • 値段がお手頃
  • 高性能
  • 2cmまでの段差を乗り越え可能

ことです。

スマホのアプリと連動させることで、掃除したい部屋を選択したり、それぞれの部屋での吸引力や水拭きの水量などが設定できます。

ルンバよりお手頃に、安いロボット掃除機より性能が良いもの、を求めている人にはオススメです。

こちらが、ぼくが買ったものです。↓

 
こちらがフラッグシップモデル(上位機種)↓
 
 
 
お金に余裕がある人は、上位機種も検討してみてください。