De-Fi

【1番かんたん】メタマスクにトークンを追加する方法

こんな悩みを解決💡

・メタマスクにトークンを追加する方法がわからない

・購入したトークンが表示されない

・メタマスクにトークンが追加できない

こんな悩みを解決する記事になっています!

 

このページを読めば、メタマスクにトークンをスムーズに追加する方法が分かります。

では、さっそく説明していきますね。

 

メタマスクにトークンを追加する方法

メタマスクにトークンを追加する多数あります。

  1. メタマスクにトークンの名前を入力する方法
  2. Coinmarketcapからコントラクトアドレスを取得する方法

今回はこの2つの方法を紹介していきます。

 

①:メタマスクにトークンの名前を入力する方法

この方法はメジャーな仮想通貨でしか使えない方法なので、マイナーコインを追加する場合は、次の章に進んでください。

まずはメタマスクを開いてください。

 

 

次に「import tokens」をクリックします。

 

 

  1. 検索を選択する
  2. 追加したいトークンの名前を入力
  3. 検索結果から追加したいトークンを選ぶ
  4. 「次へ」をクリックする
追加したいトークンがでてこないこともあるよ!

 

 

最後に「import tokens」をクリックします。

 

 

追加したトークンが表示されていたら、完了です。

この方法でトークンが表示されなかった時には、別の方法でトークンを追加します。以下で説明していきます。

 

②:Coinmarketcapからコントラクトアドレスを取得する方法

Coinmarketcap(コインマーケットキャップ)を利用することで、マイナーなトークンでも簡単にメタマスクに追加できます。

コインマーケットキャップは、暗号資産の時価総額・取引価格・取引量をチェックできるサイトです!

 

まずは、公式サイトにアクセスしましょう。
Coinmarketcap公式サイト

 

 

コインマーケットキャップのホーム画面右上の通貨検索欄から、追加したいトークンを入力します。

 

 

候補の欄から、追加するトークンをクリックします。

今回はミームコインのFlokiを追加していくよ!

 

 

Coinmarketcapからトークンを追加する方法は、2通りあります。まずはコントラクトアドレスをコピーする方法を紹介しますね。

コントラクトアドレスの右側にある「コピーアイコン」をクリックすると、自動的にアドレスがコピーされます。

 

 

次にメタマスクを開いて、「import tokens」をクリックします。

 

 

  1. カスタムトークンを選択
  2. コピーしたコントラクトアドレスを貼り付ける
  3. 「Add Custom Token」をクリックする
トークンシンボルとトークンの10進数は自動で入力されるよ!

 

 

最後に「import tokens」をクリックします。

以下で、自動で追加する方法も解説します。

 

 

コントラクトアドレスの右側にある「キツネマーク」をクリックします。

 

 

続いて「トークンの追加」をクリックします。

 

 

メタマスクの画面に追加したトークンが表示されていたら完了です。

メタマスクのスマホアプリでも同じ方法で、トークンを追加できるよ!

 

トークンが追加されない時の対処法

これまでトークンの追加方法を説明してきましたが、それでもトークンが表示されない場合は、ネットワークを確認しましょう。

トークンの規格に応じたネットワークでしか表示されないことがあります。。BSC、イーサリアム、ファントムなど様々なチェーンがあります。トークンの規格に応じたネットワークに、トークンを追加しましょう。

またビットコインなどの互換性がないチェーンのトークンは、メタマスクで利用できません。その場合は、トークンの規格に応じた、別のウォレットを作成する必要があります。

 

トークン追加の手間をもっと減らすことのできる、メタマスクの新しい機能を次の章で紹介します。

 

自動でトークンを追加するメタマスクの設定方法

メタマスクウォレットに、入金された新しいトークンを自動的に表示させる設定を紹介していきます。

 

 

まずメタマスクを開きます。画面右上のアイコンをクリックして「設定」をクリックします。

 

 

次に「Experimental」をクリックします。

 

 

最後に、赤色で囲んでいる箇所を「オン」にします。以上で設定は完了です。

トークンによっては表示されないこともあるので、そのときは手動で追加しましょう。

自動でトークンが追加されるのが不安な人は、あえて設定する必要はありません!

 

追加したトークンを削除する方法

追加したトークンを非表示にする方法をサクッと解説していきますね。

 

 

まず非表示にしたいトークンをクリックします。

 

 

画面右上の目次をクリックします。

 

 

でてきた項目の「非表示にする」をクリックします。

 

 

最後に、確認画面で「非表示」をクリックします。

これでトークンの非表示は完了です。

また表示させたいときは、再度追加すればいつでも元に戻せるよ!

 

まとめ

メタマスクのトークンの追加方法をまとめます。

  • メジャーなトークンは名前を検索すると表示される
  • マイナーなトークンの追加はコインマーケットキャップを利用する
  • メタマスクの設定で自動でトークンを追加することができる

送金する前にトークンを追加しておくことで、すぐに金額が反映されるので、余計な不安が減ります。事前にトークンを追加しておくことがオススメです。

今回は以上です。

 

次につながる行動まとめ!

・ブロックチェーンゲームをはじめてみる(方法

・オープンシーでNFTを買ってみる(方法

・Pancake Swapをはじめてみる(方法