BCG

【完全版】PLT Placeの始め方|NFTを買う手順も解説

こんにちは、ゆるたけ(@yurutake_crypto)です。

本記事は、PLT Placeの始め方・使い方を網羅する内容です。クリプトニンジャパーティーやエルフマスターズのNFTを買う手順を丁寧に解説しています。

PLT Placeは、国内最大級のNFTのマーケットプレイスだよ!

本記事の内容は下記のとおり。

PLT Placeとは

PLT Placeの始め方

PLT Walletの作成方法

PLT PlaceでNFTを購入する方法

PLT Placeの使い方

PLTのステーキング方法

仮想通貨初心者の人でも分かるように、丁寧に説明していきます。

PLT Placeとは

PLT Placeとは、株式会社HashPalette(ハッシュパレット)が運営するNFTマーケットプレイスです。

特徴①:使いやすいプラットフォーム

PLTPlaceサービスPLT Place 公式サイトより引用

PLT Placeでは、ユーザーが利用しやすいプラットフォームを構築しています。

  1. クレジットカードが使える
  2. クロスチェーンに対応
  3. ガス代(手数料)が無料

既存のNFTマーケットプレイスでは、高いガス代やクレジットカード利用不可ということもありすが、PLT Placeではそういった問題も解決しています。

特徴②:NFTゲームの限定セール

HashGamesゲームタイトルHash Palette 公式サイトより引用

HashPaletteのブロックチェーンゲームスタジオ部門であるHashGamesから、様々なタイトルのゲームがリリースされます。

  • ELF Masters(エルフマスターズ)
  • CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)
  • De:Lithe Φ(ディライズファイ)

これらのゲームで使用するNFTのセールがPLT Placeで順次、開催されています。

特徴③:PLT(パレットトークン)

PLT Placeでは、主に2種類の仮想通貨を使用します。

  • PLT(Pallet)
  • ETH(Ethereum)

PLTは、「イーサリアムチェーンのePLT」と「パレットチェーンのpPLT」に分かれています。用途に合わせて、使い分ける必要があります。

特徴④:PLTウォレット

PLTウォレットは仮想通貨・NFTの管理ができます。2つのアドレスに分かれており、チェーンによって管理できる仮想通貨・NFTが違います。

・イーサリアムアドレス
ETH、ePLT、イーサリアムチェーンのNFT

・パッレットアドレス
pPLT、パレットチェーンのNFT

ePLTをpPLTに交換したい場合は、アプリ内でブリッジすることで、パレットアドレスに移すことができます。

 

PLT PlaceでNFTを購入する手順

PLT Placeで、NFTをPLTで購入する流れはこんな感じです。

  1. アカウントを登録する
  2. PLTウォレットを作成する
  3. ウォレットを接続する
  4. 仮想通貨取引所を開設する
  5. 取引所でPLTを購入して、PLTウォレットへ送金する
  6. NFTを購入する

STEP1:アカウントを登録する

まずは、アカウントを作成します。PLT Place公式サイトにアクセス。
PLT Place 公式サイト

PLT Placeトップページ

トップページ右上の「新規登録」をクリックします。

新規登録画面

ニックネーム/メールアドレス/パスワードを入力し、利用規約にチェックを入れ「登録する」をクリックします。すると、入力したアドレス宛にメールが届きます。メールを開きリンクをクリックすると、アカウントの登録が完了します。

 

STEP2:PLTウォレットを作成する

基本的に、PLT PlaceでNFTを購入する場合には、PLTウォレットを使います。PLTウォレットでPLT(パレットトークン)やNFTを管理します。

ウォレットの作成方法は以下のリンクを参考にしてください。

PLTウォレットの作成方法を丁寧に解説今回はPLT Placeで使用する、PLTウォレットの作成方法を解説します。 全ての手順を画像を使って説明するので、説明の通りにするだけでPLTウォレットを作れます。...

 

STEP3:PLTウォレットを接続する

Place PlaceにPLTウォレットを接続する手順を説明します。

  • STEP1
    PLT Placeにアクセスする
    PLTPlaceホーム画面

    PLT Placeトップページにアクセスして「ウォレット接続」をクリックします。

    PCで操作している人は、QRコードが表示されます。

    スマホで操作している人は、検索画面から「PLT Wallet」を探し、選択します。あとはPCと同じ手順で接続できます。

  • STEP2
    QRコードを読み取る
    PLTウォレットホーム画面

    PCで操作している人は、スマホでPLT Walltetアプリを起動します。PLTアドレス(チェーン)の画面の右上の読み取りアイコンをクリックします。カメラが起動するので、先ほどのRQコードをスキャンします。

  • STEP3
    接続する
    PLTウォレット確認画面

    「コネクト」をクリックします。

    PLTウォレット確認画面

    「決定」をクリックする。

  • STEP4
    パスワードを入力する
    パスワード入力画面

    パスワードを入力して「決定」をクリックすると、PLTウォレットがPLT Placeに接続されます。

 

STEP4:仮想通貨取引所を開設する

PLT(パレットトークン)を購入するためには、仮想通貨取引所の口座が必要になります。PLTを取り扱っているのは、下記の2つの取引所です。

  • OKCoinJapan(オーケーコイン)
  • Coincheck(コインチェック)

PLTの送金手数料が安いのはOKCoin(オーケーコイン)です。手数料が高くても国内大手取引所を利用したい人はCoinchek(コインチェック)の口座を開設しましょう。

OKCoinJapan(オーケーコイン)の口座開設の手順を解説今回は、OKCoinJapan(オーケーコイン)の口座開設の手順を解説します。PLT(パレットトークン)を利用する人は、口座開設しておくことをオススメします!...
【始め方】コインチェックの口座開設の手順【2022年度版】コインチェックの始め方を説明しています。口座開設の手順を仮想通貨初心者の人に向けて、丁寧に解説しています。登録は無料で、手続きは10分ぐらいで終わるので、ぜひ試してみてください。...

海外仮想通貨取引所では、Bybit(バイビット)がPLTを取り扱っています。Bybitは口座開設がすぐに完了するので、早くPLTを手に入れたい人におすすめです。

【始め方】Bybit(バイビット)口座開設の手順【本人確認&セキュリティ設定も解説】この記事ではバイビットの始め方について、詳しく解説します。口座開設の手順、本人確認、セキュリティ設定を丁寧に説明しています。...

 

STEP5:PLTを購入して、PLTウォレットへ送金する

コインチェック・オーケーコインでPLT(パレットトークン)を購入する際は、取引所を利用します。それぞれ取り扱うPLTの種類が違います。

  • コインチェック:ePLT
  • オーケーコイン:ePLT、pPLT(出金はpPLT)

コインチェックからPLTウォレットにPLT(パレットトークン)を送金すると、ETHアドレスに着金します。オーケーコインの場合は、PLTアドレスに着金します。

使用用途に合わせて、ePLT・pPLTを使い分ける必要があります。PLTウォレットのブリッジ機能を使えば「ePLT⇆pPLT」にアプリ内で交換できます。

PLT(パレットトークン)の購入・送金方法を以下のリンクで詳しく解説しています。ブリッジに関してはコチラを参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)PLT買い方 | PLTウォレットへ送金する方法この記事では、コインチェックでPLTを購入する手順、コインチェックからPLTウォレットへPLTを送金する手順を解説しています。仮想通貨初心者の人でもわかるように丁寧に説明しています。...
OKCoin(オーケーコイン)PLTの買い方|PLTウォレットへ送金する方法 この記事では、オーケーコインでPLT(パレットトークン)の購入方法、オーケーコインからPLTウォレットへPLTの送金方法を詳しく解説します。...

 

STEP6:NFTを購入する

PLTPLACEトップページPLT Place 公式サイトより引用

PLT Placeにログインして、画面右上の「マーケット」から購入するNFTを選択します。購入方式は、コレクションごとに違うため、それぞれの手順に沿って購入してください。

 

PLTウォレットでPLTをステーキングする方法

NFTの購入で余ったPLTを、そのままPLTウォレットで保有しているのは、もったいないです。PLTを長期保有するつもりなら、ステーキングをして収益を獲得しましょう。

PLTウォレットで、PLTをステーキングする方法を紹介します。

  • STEP1
    PLTウォレットにアクセスする
    PLTウォレットホーム画面

    PLTウォレットにアクセスして、PLTネットワークを選択します。「ステーク」をクリックします。

    ※執筆時点では、ETHのネットワークではPLTをステーキングできません。

  • STEP2
    ステーキング情報を入力
    PLTウォレットステーク画面
    1. ステーキングする数量を入力
    2. ノードを選択
    3. クリックする

    どのノードがいいなどの記載がないので、筆者はデフォルトのHashpaletteを選びました。

  • STEP3
    PLTをステークする
    確認画面

    確認画面が表示されるので「決定」をクリックする。

    暗証番号入力画面

    暗証番号を入力して「送信」をクリックすると、ステーキングが手続きが完了します。

  • STEP4
    ステーキング情報を確認する

    ステーキング画面のロックアップ数量に、ステーキングしたPLTの数量が反映されていたらOKです。ステーキングすると、3日間の申請期間+3日間のロックアップ期間、の合計6日間は引き出せなくなります。

 

今回の内容は以上になります。お疲れ様でした。

もし質問があれば、LINE@にメッセージを送ってください。

 

WEB3マップ|LINE@で無料相談!

「WEB3マップ 公式LINE@」をオープンしました!
参加無料!ずっと無料です!

期間限定でNFTの買い方無料講座も配信中!
NFTを買いたいけど、最初の一歩を踏み出せない人は是非登録してください。

・そもそも何から始めていいか分からない
・NFTを買ってみたいけど…買い方がチンプンカンプン。
・ブロックチェーンゲームの始め方を知りたい
・怪しいDMがきたから、誰かに相談したい
・ビットコインをお得に購入・運用する方法を知りたい

などなど、本来ならセミナーで学ぶようなことを、LINE@で相談できます。

気軽に参加してください!

公式 LINE@
無料登録はコチラ