ミニマリスト

ミニマリストが教える断捨離できる6つの寝室の家具・アイテム

こんな悩みを解決

寝室に物が多くて、狭く感じる

・気が散って、気持ちよく眠る事ができない

・寝室の断捨離すべきものを知りたい

などの悩みをもっている人に、寝室の断捨離できる6つのアイテムを紹介しますね。

わが家の寝室には、敷布団、掛け布団しかありません。

基本的に寝室には、寝る時以外は入りません。

寝る専用の部屋にしていることで、快適に就寝できています。

ぐっすり安眠できる環境にするためには、無駄なものを減らすことが重要です。

以下で、寝室になくても困らないものを説明していきます。

断捨離できる寝室の6つの家具・アイテム

1、ベッド

ベッドに強いこだわりがあり、ないと眠れない人以外は、無くても困らないでしょう。

敷布団で寝ることで、体が痛くなる人は、マットを敷けば解決します。

最近は、折り畳めて、クッション性の高いマットが安く売られていますしね。

ベット下の隙間を収納スペースとして利用している人もいるはずです。

しかし収納があればあるほど物は増えていきます。

ベッド下に収納することを考えるより、ものを減らす努力をしましょう。

ベッドを買うことは、設置も大変で、引越しや処分の際にも大がかりになります。

大きな家具を増やすことには、そういったリスクがあることも認識しておくべきです。

また小さい子供がいる人は、子供がベッドから転落するおそれもあります。

ぼくたちは、長女がハイハイを始めた頃に、ベッドを処分しました。

落下のリスクを無くすことで、子供にとって安全な環境になります。

わが家にとって、ベッドを持ち続けるメリットはありませんでした。

2、卓上ライト、間接照明

寝室の照明は1つだけあれば十分です。

わが家はメインの照明もなくしました。

現在は寝室の照明はクローゼットの中のものだけです。

基本的に寝るためだけの部屋なので、明かりが無くて困ったことはありません。

「寝室に照明がなかったら、就寝前に本が読めない」という人もいるでしょう。

就寝前に本を読む人は、Kindleを使えばライト•照明は必要ありません。

しかしスマホで電子書籍を読むことはオススメしません。

スマホの光は強すぎるので、眼が冴えてしまいます。

Kindleは優しい光なので、寝る前の読書にかなり適していますよ。

Kindleにデメリットはない!電子書籍を買うべき理由!紙の本を読んでいる人に伝えたい!ミニマリストが電子書籍のメリットを紹介します。また、kindleにするべき理由、選ぶポイントも解説しています。書籍をデジタル化することで、生活を快適にできます。...

サイドテーブル、小さい棚

サイドテーブル・小さい棚などは、無くても困りません。

ものを置く場所を増やすことで、ものは増えていきます。

寝室を断捨離したい人は、まっさきに捨てるべき家具です。

4、目覚まし時計

目覚まし時計に限らず、家に時計は必要ありません。

なんとなく家に時計を置きたくなりますが、スマホで時間は確認できますし、アラームも設定できます。

また電池交換もめんどくさいですし、時間がズレることもあります。

スマホがあれば困りません。

5、テレビ

寝室にテレビがあることで、眠りの妨げになります。

あったら見てしまうので、安眠を目指している人は捨てるべきです。

寝ながらテレビが見られる環境は、夜更かしの原因になり、生活リズムを乱します。

ぼくの持論ですが、寝室にテレビがあることで、家族の仲が悪化することにもなります。

家の中でテレビが複数台あると、分かれてテレビを見ることになり、コミュニケーションが減ります。

寝室のテレビだけではなく、家の中のテレビの数を減らすことは、家族関係にとって大切です。

6、枕、ぬいぐるみ

ミニマリストになるためには、余分な枕・ぬいぐるみ・クッションなどは、捨てましょう。

ベットの上にある物は、よだれや髪の毛などがついて、放置しておくと不衛生です。

そういったものが増えるほど、洗濯に手間がかかり、家事の負担が増えます。

基本的に枕は、1人1つあれば十分です。

ぼくは枕なしでも眠ることができるので、枕は使っていません。

妻は枕をバスタオルで代用しています。

バスタオルは洗濯も簡単ですし、折り畳む回数で高さも調整できます。

また多くの生地から選ぶことも可能です。

バスタオルで代用することで、枕も断捨離できますよ。

寝室の物を断捨離するメリット

こちらが、わが家の寝室です。

ごらんのとおり布団しかありません。

昔は目覚まし時計やサイドテーブルを置いていましたが、子供が生まれたのをきっかけに全て捨てました。

寝室のものを断捨離するメリットは、3つあります。

1、寝室を綺麗に保てる

寝室のものを減らすことで、寝る時以外に寝室に入ることがなく、綺麗な状態を保てます。

またベッド・テレビなどのホコリの溜まりやすい物を置かないことで、掃除の負担も減ります。

掃除を頻繁にしなくても、綺麗な部屋を保てるのは、ミニマリストのいいところです。

2、安眠できる

物が多いと、気が散り、眠りを妨げることになります。

物を減らすことで、眠りに集中できる環境になります。

デジタル時計や、充電中を知らせる小さい光などを遮断することも、安眠には重要です。

ミニマリスト家族の寝室は超シンプル【睡眠効果UP】ミニマリスト家族の寝室を公開します。我が家の寝室にある物は布団だけ。そんなに少なくて大丈夫?と思われている人に、スッキリ寝室のメリットを解説します。睡眠の質も向上して、子供にとっても安全な室内環境になります。また睡眠に問題を抱えている人にも有益な内容になっています。...

3、子供が安全

小さい子供のいる家庭では、寝室のものを減らすことが事故防止に繋がります。

  • ベッドからの落下
  • サイドテーブルにぶつかる
  • 電化製品のコンセントに引っかかる

などの事故を防ぐことができます。

子供の事故防止!お部屋の安全対策9選【ストレスフリー育児】幼児の怪我の多くは家の中で起こっています。事故が起きてしまってからでは遅いので、部屋の安全対策をしっかりとすべきです。前半では、するべき9つの安全対策を解説し、後半では実際の我が家のインテリアを公開しています。...

まとめ

この記事をまとめていきます。

断捨離可能な寝室の6つのアイテム

  • ベッド
  • 卓上ライト・間接照明
  • サイドテーブル・小さい棚
  • 目覚まし時計
  • テレビ
  • 枕・クッション・ぬいぐるみ

寝室を断捨離するメリット

  • 寝室を綺麗に保てる
  • 安眠できる
  • 子供が安全

掃除の負担を減らしたい人や、快適な睡眠を求めている人は、寝室のアイテムを断捨離することがオススメです。

買うことで得られることもありますが、捨てることで得られることもありますよ。