Game-Fi

【adidasスニーカーで稼ぐ!】Agletの始め方 – 効率的に稼ぐ方法も解説

こんにちは、ゆるたけ(@yurutake_crypto)です。

この記事では、move to earnアプリのAglet(アグレット)の始め方を解説します。

Agletは様々なブランドのスニーカーで稼ぐことができるよ!

Agletは、スマホアプリをダウンロードするだけで、無料で始めることができます。既存の運動系アプリが、NFTを取り入れるため注目されています。

本記事の内容

Agletの始め方

Agletの効率的な稼ぎ方

用語の説明

上記の内容を丁寧に説明します。

では、始めます。

Aglet(アグレット)の始め方

まずは、Aglet公式アプリをスマホからダウンロードしてください。

①アプリをインストールして「GET STARTED」をクリックする。

②スニーカーを選び、シューズボックスを開封する。

③アバターをカスタマイズする

④同意事項にチェックを入れ、サインアップの方法を選ぶ

⑤メールアドレスでサインアップする場合は、メールアドレス/ユーザー名/招待コード(Refferral code)を入力して「NEXT」をクリックする。1000Agletがもらえる招待コード:P95PV5

⑥トラッキング/通知/位置情報の設定をして「COP NOW」をクリックする。

以上で、初期設定は完了です。

 

Aglet(アグレット)の稼ぎ方

大きく分けて、AGLETの稼ぎ方は2通りあります。

稼ぎ方

歩いて稼ぐ

スニーカーを売って稼ぐ

詳しく説明していきます。

歩いて稼ぐ

基本的には歩数によって、ゲーム内通貨「Aglet」を獲得できます。

また地図上に表示されたチェックポイントに行くことで、報酬がもらえます。

マップ

白丸:Treasure Stash(スニーカー/Agletがもらえる)

赤丸:Repair Stash(スニーカーの修理ができる)

Treasure Stashで報酬を獲得すると、クールダウンタイムになり、一時的に利用できなくなります。

スニーカーを売って稼ぐ

所有しているスニーカーをマーケットプレイスで売却することで、Agletを獲得することもできます。手順を説明します。

スニーカーの売却画面

「SHELF」から売却するスニーカーを選び「SELL IN MARKETPLACE」をクリックします。

Agletで出品

売却金額を入力して「CONTINUE」をクリックすると、マーケプレイスに出品されます。

Gold Agletで出品

スニーカーの売買は、「Aglet」と「Gold Aglet」という2通りに通貨で行うことができます。Gold Agletはより希少な通貨で、基本的には課金することで手に入ります。

 

用語の説明 / 効率的に稼ぐ方法

用語の理解を深めることで、効率的に報酬を獲得できるよ!

用語の説明

基本画面の説明
  1. スニーカーの消耗度
  2. G:グリップ/C:快適さ/P:保護 – GCPのメーターの値が大きいほど効率よく報酬を得られます。GCPは天候によって変動します。
  3. マップ
  4. 報酬の確認
  5. Aglet
  6. Gold Aglet
  7. 歩数履歴/フィルター
スニーカーのステータスの説明
  1. 1000歩ごとに貰えるAglet
  2. ブースト時の1000歩ごとに貰えるAglet
  3. 耐久性
  4. スニーカーのランク。TIER0~5まで6段階のランクがある(Tier0が最高)
  5. 歩数
  6. 購入価格
  7. 修理できる回数

 

効率的に稼ぐ方法

効率的に稼ぐためには3つのポイントがあります。

3つのポイント

天候に合わせたスニーカーを選ぶ

ランクの高いスニーカーを履く

定期的に修理する

天候に合わせたスニーカーを履くことで、歩数あたりのパフォーマンスが向上します。

スニーカーのステータス

赤枠で囲んだ値が高いスニーカーほど、稼げる額も大きくなります。

またランクの高いスニーカーを履くことでも、パフォーマンスは向上します。Agletを貯めて、ランクの高いスニーカーの獲得を目指すのもありです。

スニーカーは摩耗していくので、メーターが0になる前に修理に出して回復させます。

Repair Station

上記に表示されているアイコンは、Repair Station(リペア・ステーション)で、スニーカーの修理ができます。スニーカーの修理できる回数は決まっているため、計画的におこないましょう。

Deadstock Station

上記のアイコンは、Deadstock Station(デッドストック・ステーション)と呼ばれる場所です。

Deadstock Stationは、保有するスニーカーを初期状態に戻すことができ。Repair Stationよりも、効率的にスニーカーを修理できます。

ただし、Deadstock Stationの数は少なく、1度利用すると、長い間利用できなくなるので注意が必要です。

 

最後に

Agletは、ゲームトークンがまだ上場されておらず、いくら稼げるかは未知数です。

今後の展開に期待している人は、今のうちからアプリをインストールして、スニーカーやAgletをコツコツ貯めておくもアリだと思います。

 

次にするM2Eを探す!

【第二のSTEPNはこれ!】次にくるMove to Earn!運動して仮想通貨を稼げるNFTゲーム一覧【6選】この記事では、STEPNの次にくるMove to Earn(M2E)を一覧にまとめています。STEPNの波にのれなくて後悔している人や、新たなM2Vのプロジェクトを探している人に読んでほしいです。今回はおすすめの6つの運動して稼げるNFTゲームを紹介します。...