仮想通貨ウォレット

【盗難防止】Ledger Nanoの使い方を完全マスター!【NFT送受信/アカウント追加/Metamask接続】

こんにちは、ゆるたけ(@yurutake_crypto)です。

この記事では、ハードウォレットLedger Nano(レジャーナノ)のNFT送信・受信方法を中心に、基本的な使い方をまとめています。

今回はLedger Nano S Plusを使用していますが、他の機種でも使える方法です!

Ledger Nanoで、NFT/仮想通貨を管理するために必要な工程を、しっかり説明していきます。

目次から知りたい項目を選択してください!

Ledger Nanoにアカウントを追加する方法

アカウントの追加は、LedgerデバイスをPCに接続した状態で、Ledger Liveから行います。

  • STEP1
    新規アカウントのチェーンを選択する

    Ledger Liveを開き「+アカウントを追加」をクリックします。

    追加するチェーンを選択して「続行」をクリックします。今回は、ポリゴンのアカウントを追加していきます。EthereumやBitcoinなど、自分が追加するチェーンを選択してください。

  • STEP2
    Ledgerデバイスにアプリをインストールする

    デバイスのボタンを左右同時に押して、アプリのインストールを許可します。

    しばらく待つと、インストールが完了します。

    指示通りにデバイスでPolygonアプリを開くと、同期が始まります。

  • STEP3
    Ledger Liveでアカウントを追加する

    デバイスとの同期が完了すると、上記の画面が表示されるので「アカウントの追加」をクリックします。

  • STEP4
    新規アカウントを確認する

    これで、アカウントの追加は完了です。

    無事に、Polygonのアカウントが追加されました!

メタマスクからLedgerにNFTを移動する方法

メタマスクからLedgerにNFTを送信する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

【失敗しない】メタマスクからLedgerにNFTを送信する方法!この記事では、メタマスクからLedger nano(レジャーナノ)にNFTを送信する方法を紹介します。今回は、OpenSeaを利用した方法でNFTをLedgerデバイスに送信します!...

LedgerからメタマスクにNFTを送信する方法

メタマスクへNFTを送信するには、LedgerデバイスをPCに接続した状態で、Ledger Liveから行います。

  • STEP1
    Ledger Liveで送信するNFTを選択する

    今回はイーサリアムチェーンのNFTを送信するので、アカウントから「Ethereum」を選択します。

    イーサリアムアカウントで管理しているNFTを選択します。

  • STEP2
    受取先のアドレスを入力する

    NFTの詳細情報の右上に表示されている「送信」をクリックします。

    送信先アドレスの欄に、送信先のメタマスクのアドレスを入力して「続行」をクリックします。

  • STEP3
    手数料を設定する

    送金速度・手数料を設定し「続行」をクリックします。特に希望がなければ標準でOKです。

  • STEP4
    確認画面を進む

    表示された送信内容で間違いがなければ「続行」をクリックします。

  • STEP5
    デバイスで承認作業をする

    Ledger Nanoデバイスで、Ethereumアプリを開きます。

    再度、送信先のアドレスを確認して、デバイスで「Approve」を実行します。

    上記の画面が表示されると、送信手続きは完了です。

  • STEP6
    OpenSeaで確認する

    PCの場合、OpenSeaでメタマスクを接続することで、受け取ったNFTを確認することができます。

「Ledger Nano S」では、Ledger LiveアプリからNFTを他のウォレットにTransferができないことがあるみたいです。その時はLedgerとメタマスクを連携して、OpenSeaの送信機能でNFTを移動させます。

メタマスクにLedgerを連携する方法

LedgerでNFTを管理しているのに、メタマスクと連携すると、安全性が損なわれるんじゃないのかな?
メタマスクと連携しても、秘密鍵はメタマスクには保存されないよ!

メタマスクのLedgerアカウントからNFTや仮想通貨を送信しようとしても、Ledgerデバイスでの操作が必要なので安全です!

以下で、メタマスクとの連携方法を詳しく解説します。今回はイーサリアムアカウントを連携します。

  • STEP1
    LedgerデバイスでEtherumアプリを起動する

    まずは、LedgerデバイスでEthereumアプリを開きます。イーサリアムのアプリを追加していない人は、ページ上部の『アカウントを追加する方法』を参考にしてください。

    デバイスの画面で「Application is ready」が表示されると、起動完了です。

  • STEP2
    メタマスクでLedgerを選択する

    メタマスクのアカウント選択画面から「ハードウェアウォレットの接続」をクリックします。

    「Ledger」を選択して「続行」をクリックします。

    「続行」をクリックします。

  • STEP3
    Ledgerデバイスをメタマスクと連携させる

    Ledgerデバイスを選択して「接続」をクリックします。

    1番上のアカウントを選択して「ロック解除」をクリックします。これで設定は完了です。

    メタマスクにLedgerのアカウントが追加されました。

Ledgerで暗号資産を管理する時の注意点

魔界系インフルエンサーのライスシャワーさんがハードウェアウォレットの仕組みについて、かなり有益なツイートをしています!引用させていただきます。

※Tx:トランザクション

Ledgerやメタマスクは、NFTや仮想通貨が入っているわけではなく秘密鍵を管理しているだけ!Ledgerでは物理的なデバイスで承認作業が必要ということ。

ハードウェアウォレットといえど、秘密鍵が漏洩されたら大切なNFTは盗まれるよ!

Ledgerを鉄壁のセキュリティにするには、いかに秘密鍵を流出していないかが重要!

つまり、Ledger Nanoデバイスではゴチャゴチャした作業は行わずに、仮想通貨やNFTを保管するだけに限定しておくのがベスト。LedgerデバイスからNFTを購入することや、サイトとの接続は避けたほうが安全です。

WEB3マップ|LINE@で無料相談!

「WEB3マップ 公式LINE@」をオープンしました!
参加無料!ずっと無料です!

期間限定でNFTの買い方無料講座も配信中!
NFTを買いたいけど、最初の一歩を踏み出せない人は是非登録してください。

・そもそも何から始めていいか分からない
・NFTを買ってみたいけど…買い方がチンプンカンプン。
・ブロックチェーンゲームの始め方を知りたい
・怪しいDMがきたから、誰かに相談したい
・ビットコインをお得に購入・運用する方法を知りたい

などなど、本来ならセミナーで学ぶようなことを、LINE@で相談できます。

気軽に参加してください!

公式 LINE@
無料登録はコチラ