がんばらない家事

料理は義務ではなく趣味。料理の負担を最小限にしよう

こんな悩みを解決

・料理をしたくないけど、仕方なくしている

・外食・お惣菜ばかりだと健康に良くないのでは?

・料理がとにかく苦痛

ゆるたけ
ゆるたけ
以上の悩みを解決する記事になっています。

家族のために料理をイヤイヤこなしていませんか?

また家で料理を作らなければ、外食やお惣菜が増えて、健康に悪い食生活になるという不安がありますよね。

はっきり言って、やりたくなければ、料理にかける時間を減らすことを目指すべきです。

きちんとした料理を作らなくても、栄養のあるご飯を食べることができます。

ボクは10年の料理人歴があり、現在は妻と2人の娘のために、毎日3食ご飯を用意しています。

ですが、ボクは料理にかける時間を最小限にし、ストレスを減らしています。

ちゃんとした料理を作らなくても、家族みんな健康的に暮らしています。

以下で、きちんとした料理をしなくてもいい理由と、具体的な解決策を説明します。

共働きで料理をすることにストレスありませんか?【料理人が解説】共働きで、家で料理作ることにストレスをかかえている方へ!結論か言います!無理です!自分の時間を削ったらできますが、果たしてそこまでして料理をする意味はあるのか?コスパ的には?ということを解説してます。...

きちんと料理をしなくてもいい理由

「きちんとした料理を作るな」と言われても、健康や栄養のことを考えると、なかなか手抜きできない人もいるでしょう。

ですが料理嫌いな人が、時間をかけて頑張って調理することに価値があるとは到底思えません。

料理を作るのが嫌いな人は

  • 調理時間がかかる
  • ストレスがたまる
  • 美味しく作れない

ことが多いでしょう。

料理がつくることが好きであれば、料理も上達し、調理時間も短縮されていきます。

しかし嫌いは人はいっこうに上達せず、ストレスを抱えたまま、作り続けることになります。

母親が家庭料理をこれほど頑張っている国は日本ぐらいで、欧米諸国では共働きの場合、一般的に料理をしない家庭が多いです。

なぜなら料理をするメリットがあまりにも少なすぎるからです。

料理をするメリットはある?

はっきりいって、料理を作るメリットはないです。料理は趣味です。

詳しくいうと、やりたくないにも関わらず、料理をするメリットはありません。

ここでは家庭料理がいかにメリットがないかを説明していきます。

家庭料理は健康的とは限らない

家で作る料理は何でもかんでも、良いものという世間の風潮があります。実際、家庭料理では市販の合わせ調味料などを使って野菜や肉を炒めていて、栄養・健康面では、お惣菜買うことや外食するのと、さほど変わらない料理を作っている家庭が多いです。

またお弁当に関しても、卵焼きだけは焼いて、後はチンで済ますことが多いです。そんな手作り弁当はコンビニ弁当とあまり変わりません。

健康に相当こだわって料理をすることは、時間とお金がかかります。

ほとんど調味料や加工品には保存料や化学調味料が入っているので、家庭で料理をしても、添加物を避けることは難しいです。

家庭料理は経済的とは限らない

家庭料理は本当に経済的と思いますか?一見、外食・お惣菜に比べるとかなり安いと思われがちですが、食材費に調味料や小麦粉などの材料費などを加えると、家で料理を作ることは、そこまで節約になるとは限りません。

また、家の冷蔵庫には何年も使っていない調味料や腐りかけの食材がありませんか?食材・調味料は効率よく使わなければ、余って廃棄することになります。特に、賞味期限が切れてよく食材を捨てている人は、料理をやめることを強くオススメします。

家庭でつくっても美味しくないときがある。

せっかく時間をかけてご飯を作っても、失敗して美味しくなかったり、家族が食べてくれないときがあります。かなりコスパが悪いです。

外食やお惣菜などは、味のブレが少ないですし、各自で食べたいものを色々と選べます。結果的に、家で作るより、満足度が上がる場合が多いです。

料理をしないという解決策

なんとか工夫して、今まで通り料理することはやめましょう。時短料理は少しは楽になるかもしれませんが、根本的に解決しません。

また、共働きの夫婦が家事分担をすることはケンカの原因になるのでやめるべきです。結果的にどちらかが多く料理をすることになり、それがストレスになるので長続きしません。

料理に対する意識を変える

ほとんどの人が、「今日はしんどいし時間がないから、外食・お惣菜で済まそう」と考えます。しかし、考え方を変えて「今日は時間があるし家で作りたい気分だから、料理を作ろう」と考えるべきです。

基本的に家で料理を作らないようにして、料理を作るのはしたい時だけにすれば、料理に対してのストレスは無くなります。何度も言いますが、料理は趣味です。

基本毎日料理を作る料理しんどい外食・お惣菜 ❌

基本料理をしない料理がしたい料理をする   ⭕️

具体的な料理をしない方法

調理不必要の食材を組み合わせる

調理の必要のない食材ものを買うのもオススメです。切ったり、焼いたりしない食材を組み合わせることだけで、立派な食事になります。

我が家の料理(包丁・火を使わない)

・海鮮丼スーパーの刺身・のりをご飯にのせる

・しらす丼しらす、卵黄をご飯にのせる

・キムチやっこ→豆腐にキムチ、ごま油をかける

・焼き魚焼かれている魚を買って、温め直す

・サラダレタスは手でばらして、生ハム、カットキャベツ、カイワレを混ぜる

食材の組み合わせだけで、色々な料理を作ることができます。手の混んだ料理は、レストランで食べましょう。

ご飯

ご飯は自分で炊いた方が経済的です。しかし、毎日炊くのは面倒なので、多めに炊いて、冷凍しましょう。

冷凍専用のご飯容器を使うと、温めなおしても美味しいご飯が食べれます。冷凍ご飯が嫌な人は、おひつを使うと、次の日まで美味しくご飯を保存できます

味噌汁

味噌汁を鍋で作るのはやめましょう。鍋で作ると時間がかかり、洗い物が増える上に、煮立てることで味噌の香りもとびます。

お椀に味噌と具材を入れて、電子ケトルで沸かしたお湯を入れて作る方法をオススメします

時間もかからず、より美味しい味噌汁が作れます。また具材はわかめ・麩・切り干し大根などの乾燥タイプが便利です。

冷凍食品/レトルト

最近の冷凍食品・レトルトは超優秀で保存料不使用・無添加の商品があります。賞味期限も長いので、買いすぎても無駄にならないので、経済的にも良いです。

お惣菜

揚げ物などは、お惣菜を買うといいでしょう。家で揚げ物をするのは手間がかかりますし、キッチンも汚れます。お惣菜の揚げ物は安いので、わざわざ家で作るのは、かなりコスパが悪いです。

Ubereats/出前

究極的に何もしたくないときに利用すべきです。配送手数料なども上乗せされているケースがあるので、割高になります。しかし、スーパーに買い物も行く必要もなく、使い捨て容器なので洗い物もしなくて済みます。

Uber Eats 公式

得意・こだわりのある料理は作るべき。

僕は大阪出身で、こだわりのあるお好み焼き・焼きそば・たこ焼きは家で作ります。好きなものに関しては、ストレスなく作れます。

また、焼き肉も家で食べます。なぜならば、外でいいお肉を食べると高いからです。家では安くて美味しいお肉が食べれます。しかし、準備は最小限にします。

サンチュ、キムチ、もやし、エリンギなどの包丁を使わなくていい野菜を買うと、準備時間ゼロで焼肉を始めれます。

焼肉は油汚れがすごく、洗い物が大変なので、紙皿を使うと後片付けも楽になります。