Kumiのオススメ

【2021年最新版】大人女子におすすめの日常系・ゆるい漫画5選!【30~40代女性】

私(妻)は漫画が小さいころから本当に大好きで、お小遣いを漫画につぎ込んでました。

15分ほどで1冊読めますので、時間がある時には1日で10巻~20巻のシリーズを一気に全部読むことも。

最近は仕事や育児で日常が疲れることもあり、寝る前に何も考えずに読める「ゆるくて日常の」漫画を選ぶことが多くなってきました。

ワンピースなどの超・大作を時間を忘れて読むのも楽しいですけど、そんな時間もエネルギーもないですよね?

女性の30代~40代は、人生で一番忙しい時期と言えるかもしれません。

仕事・育児で疲れて寝る前にちょっとだけ漫画を読んでリラックスする・・・

クスっと笑えたりほのぼのして癒される・・・

スキマ時間にサクッと読めて後を引かない・・・

そんな漫画を集めました。

選んだ条件は下記の通りです。

  • 今でも連載が続いている(新しい)
  • 1つのエピソードが短い(5~10ページ程度)
  • 読み切り形式(続きが気にならない)
  • 日常が舞台(大きな事件などは起きない)
  • オタクっぽくない

最後の「オタクっぽくない」というのは私の主観的な判断ですが、

男性の作家さんだと、登場する女性の胸が大きすぎたり、スカートが短かすぎたり、

腐女子の作家さんだと、書き込みの文字が多すぎたり、何を言ってるかわからなかったり(オタク用語?)

すると、ちょっと入り込めないというか、疲れちゃうんですよね・・・(そういう漫画の良さもわかりますが、癒しという点では外れる)

30~40代の「非オタク女子」が「癒される」5つの作品を厳選して紹介します!

ノンフィクションのコミックエッセイのおすすめはこちらでまとめてます↓

 

おいピータン!/おいおいピータン!

ベテラン漫画家の伊藤理佐さんの作品。

この連載もとても長い(20年以上)ので、最初の方の巻では絵柄がじゃっかん古いですが、今でも続いている人気漫画です。

基本的には「オムニバス」で、色々な人が主人公になる、短いストーリーの組み合わせです。

テーマは「食と恋愛」

「食」といっても高級グルメなどはほとんど出てこず、日常でよく食べるものがメインで、「あるある~」と共感したりほっこりしたり、クスっと笑えるストーリーたちです。

たとえ失恋や嫉妬がテーマの話でも、最後には必ずポジティブな感じで終わるので、寝る前に1話だけ読むのにピッタリです。

巻が進むにつれて、時々登場する「大森さん」という個性的で味のある「デブ」の男性が際立ってきて、大森さんとその恋人が基本的には主人公になっていきます。

「えっ、デブの男性が主人公って・・・!」と思われるかもしれませんが、これがすごく面白くて、読んだら大森さんのファンになってしまうんです。

読んでいると、「好きな人と美味しい食べ物を食べるって、すごく良いなぁ~~!!」っていう気持ちになります♡

そしてお腹がすいてきます。笑

「おいピータン!」が1~15巻

その続編として、「おいおいピータン!」が現在2巻まで発売されており、現在も連載中。

 

 

Papa told me

特徴的な絵柄のせいか?あまりメジャーではないのですが、隠れファンが多い作品です。

これも連載期間はものすごく長いです(30年以上)。

主人公は小学生の女の子、知世(ちせ)ちゃんと、作家でイケメンのお父さんなのですが、オムニバスのようにもなっており、主人公の2人が住む街を舞台に、色々な人のストーリーが展開されます。

1話1話は短いけど必ずポジティブに終わりますので、リラックスした気持ちで1話ずつ読めます。

テーマは、現代社会に生きる人々のちょっとした「疲れ」や「理不尽さ」を扱うものが多いです。

すごく重いテーマのように思えるのですが、作品全体に流れるファンタジーっぽい雰囲気、ヨーロッパぽい街並みによって、すごくお洒落にセンスよくまとまっています。

そして何より、主人公の知世ちゃんが、ものすごく賢い・・・!

10歳くらいなのに、精神年齢はたぶん30歳くらい?

この子が発する「名言」の連発に驚かされ、感心させられます。

色々な要素が同居してふんわりとまとまっている、とても不思議で魅力的な作品です。

単行本は、少し複雑なのですが

Papa told me 1~27巻

Papa told me 「街を歩けば」「私の好きな惑星」「カフェで道草」「窓に灯りのともる頃」

Papa told me Cocohana ver.1~7が発売中で、このCocohana ver.の連載が続いています。

 

 

ワカコ酒

これは好みが分かれるかもしれませんが、条件を満たすので入れました。

とにかく「食」と「お酒」が好きな人にはお勧め!

ひたすら、主人公のワカコが一人で食べて、飲むという漫画です。

主に食べ物とお酒のマリアージュがテーマですね。

絵柄が女の子っぽくて可愛くて繊細。ごはんも美味しそうに描かれています。

季節の移り変わりや旬の色々な食べ物・お酒を目で楽しめる漫画です。

現在17巻まで発売中、連載続行中。

 

 

そもそもウチには芝生がない

今回の5作品の中で、一番「ストーリーが続いている」と言える漫画です。

1話ずつ短く区切れてはいるのですが、いちおう連続のストーリーにはなっています。

特に最初のほう、主人公たちのそれぞれの事情をたどっていくあたりですね。

テーマは、アラフォー(というか、40代)の女性たちが、人生いろいろあるけど、友達同士で助け合って楽しく生きていこうよ!という感じです。

アラフォーの女性には共感しかないです。

まぁ環境設定はちょっと非現実的ですけど・・・

女性ってやっぱり女友達でつるむのが一番なのかも?!って思わされます。

なんか、夫婦で家族を作って子どもを育てていくって逆に不自然なのかな・・・と思ってしまうくらい。

最初のほうはちょっとしんどい展開が続くのですが(といっても、ドロドロとかではないです)、巻が進んでくると、とてもポジティブに1話ずつ読めます。

現在、7巻まで発売中で連載続行中。

 

 

 

メンタル強め美女白川さん

すごく現代的というか、Twitterで連載していた作品を単行本にした、という漫画です。

タイトルの通り、メンタルが異常に強い(ものすごくポジティブ)、美人の白川さんが主人公です。

テーマは「自己肯定感」と言えるでしょう。

会社の中で繰り広げられる人間模様の中で、疲れてしまった人や自信を無くしてしまった人を白川さんが独自の理論で励ましたり、なぐさめたり、自信を与えたりするというストーリー。

私は、タイトルから若干、敬遠してたのですが、読んでみると、ものすごく面白かったです。

現在2巻まで発売中。連載というか、Twitterで続行中。

 

 

まとめ

私自身が実際によく読んで、癒されている漫画を集めました!

  1. おいピータン
  2. Papa told me
  3. ワカコ酒
  4. そもそもウチには芝生がない
  5. メンタル強め美女白川さん

本当に好き。

どれも全力でお勧めです!