がんばらない家事

わちゃわっちゃ冷蔵庫をスッキリさせる方法【料理人が解説】

たけし
たけし
この記事では、元料理人が冷蔵庫をスッキリさせる方法を紹介します。

冷蔵庫に食べ物が溢れている最大の原因は、入れすぎていることです。

大きい冷蔵庫を買っても、上手に整理をしても、根本的に解決することはありません。

食材の量を減らすことが、冷蔵庫をスッキリさせる1番簡単な方法です。

ですが

  • 食材が冷蔵庫にたくさんないと不安
  • 念のために食材を持っておきたい
  • まとめ買いしたい

と思って、食材の量を減らせない人もいるでしょう。

そんな悩みも解決できる記事になっています。

家の冷蔵庫は一時保管場所

冷蔵庫をスッキリさせたい人は、家の冷蔵庫を一時保管場所と考えることが重要です。

スーパーが近くにあるので、家で食材を溜め込む必要はありません。

しかし多くの家庭では、家の冷蔵庫で食材を長期保存しています。

特に冷凍庫は悲惨ですね。

冷凍したら長期で保存できるからと、肉や冷凍食品を詰め込んでいます。

いつ食べるかも分からない食品にスペースを使うのはもったいないです。

また長期で冷凍すると、食材は徐々に傷んできます。

買い物は週に2回でOK

田舎に住んでいて、週1回しかスーパーに行かない人なら、冷凍庫がパンパンになるのは仕方のないことです。

しかしスーパーに週2回以上通っている人は、スッキリした冷蔵庫をキープできます。

ぼくがスーパーに行く時は、3日分の食材をまとめて買います。

お刺身以外は、2日後でも食べることができるので、冷凍室にはいれません。

傷みやすいものから先に使っていくことで、美味しく食べることができます。

我が家の食材を使う順番は

刺身→挽肉→鶏肉→魚→豚肉→牛肉

また薄切りの食材も鮮度が落ちやすいので、早めに使うことを心がけています。

スーパーで買い物を週2回すれば、冷凍室をほとんど使うことなく、食材を保存できます。

冷凍室は冷凍食品だけ入れる

冷凍庫に入れるものは、お弁当に使う冷凍食品やアイスのような、絶対冷凍庫に保存しなければならない食材だけにしましょう。

肉や魚は2日後までなら、冷蔵庫でも保存できます。

「いつ使うか分からないから、とりあえず冷凍庫に入れる」という習慣はやめるべきです。

入れたことを忘れてしまい、長い冷凍庫で眠ってしまうことになります。

また肉や魚を冷凍すると、解凍した時に旨みがぬけていくので、美味しさのためにも冷凍することはオススメできません。

計画をたてながら、食材を買う

計画を立てると言っても、頭の中でなんとなくイメージするだけで大丈夫です。

毎日スーパーに通う人なら、その当日分だけ食材を買えば、冷蔵庫に食材がたまることはありません。

先ほども言った通り、ぼくは3日分の食材をまとめて買います。

3日分のだいたのメニューを考えながら、スーパーで食材を選びます。

なので余分な食材を買うことはなく、3日後の冷蔵庫はスカスカな状態になっています。

カップラーメンやパスタを少し常備しているので、もし食材が足らなくなった場合も対処できます。

また食材がゼロになっても、テイクアウトや外食をすればいいので、冷蔵庫に余分な食材を溜め込む必要はありません。

1番よくやってしまう失敗は、安いからと食べきれない量の食材を買うことです。

食材が余ると冷蔵庫のスペースをとりますし、時間が経つにるつれ鮮度も落ちます。

  • キャベツ1玉食べきれない人は、半玉だけ買う。
  • 食べきれなかったキムチは、翌日に豚キムチを作る
  • 肉のジャンボパックは2日に分けて半分づつ使う

など、次にスーパーに行くまでに使い切る意識を持つことが重要です。

スッキリ冷蔵庫を保つメリット

冷蔵庫がスッキリさせるメリットを紹介していきます。

食材管理が楽

冷蔵庫内の食材が少ないと、何が入っているのかが見えるので、忘れさられる食材がなくなります。

そうなると食材ロスを減らせます。

また探す手間も省けるので、小さなストレスを感じることもなくなります。

電気代の節約

冷蔵庫に空きがあるということは、庫内に冷気が循環するので、効きが良くなります。

ぼくは冷蔵庫の温度設定を”弱”にしています。

弱でもスッキリした冷蔵庫なら、食材を十分冷やすことができます。

消費電力を抑えることで、節電になります。

ダイエットにも効果的

冷蔵庫に食べ物がたくさん置いてあると、食べ過ぎの原因になります。

多くの人は小腹が空いた時に、冷蔵庫を開けて食べられるものを物色しますよね。

食材が最低限しかなければ、食べるためにスーパーやコンビニに行くことになります。

いちいち外に出ることはめんどくさいので、ご飯の時間まで我慢するでしょう。

冷蔵庫に食材がないことは、結果的にダイエットにつながります。

まとめ

冷蔵庫をスッキリさせる方法は、食材を買いすぎないことです。

次にスーパーに行くまでに消費できる量の食材を買うことで、ゆとりのある冷蔵庫をキープできます。

予備の食材は最低限にし、インスタント食品・レトルト食品などの長期保存が可能なものを少し常備しておくだけで十分です。

冷蔵庫をスッキリさせるメリットは

  • 食材管理が楽
  • 電気代の節約
  • ダイエットに効果的

です。

食材が溢れている冷蔵庫にはデメリットしかないので、ゆとりのある冷蔵庫を目指しましょう。