家族ノマド

効率的に家族ノマドをするための4つのポイント

こんな人に読んで欲しい

・効率的に家族ノマドをしたい

・自由な生活に憧れる

・身軽になりたい

こんにちは。家族ノマドワーカーのTakeshiです。経済的かつ効率的に家族ノマドができる4つのポイントをご紹介します。

僕は大学を卒業してから、10年間で10回以上引っ越しをくり返しています。家族ができた今でも、ノマド生活を続けています。

この新しい生活スタイルである家族ノマドを効率よくするための4つのポイントをご紹介します。

 

家族ノマドをするための4つのポイント

1、ものを少なくする

身軽にどこでもいけるように、持ち物はなるべく少なくすべきです。拠点となる住所を持っている人は、ものを置いておけますが、賃貸マンションを転々としている人は、ものが多いと引っ越しする時に大変です。

ですが、拠点となる家を持っていても、物はなるべく少なくしましょう。ものが少ない環境で暮らすことに慣れていると、どんな環境でも快適に暮らすことができます。

新しい引っ越し先にいく時の僕の荷物は、スーツケース1つにおさまります。

ノマドとミニマリストは密接に関係しているので、ノマド生活をしたいならミニマリストを目指しましょう。

2、縛りのある契約をしない

縛りの契約があれば、動きたいと思った時に動けません。どこかに行きたいと思ったら、すぐに行動できる環境作りをしておくことが重要です。

スマホ

もし海外に移住したいと思っても、契約期間、分割払いの端末代が残っていて、違約金まで発生することがあります。

その解決策として、SIMフリーの端末を一括で購入し、格安SIMを使うことをお勧めします。SIMフリーだと海外に行ってもSIMを入れ替えるだけで、スマホが使えるので、かなり便利です。

最近、バンクーバーに移動するために格安SIMを解約したのですが、電話一本で解約できました。空港のチェックイン後に解約したので、ギリギリまでスマホを使用できました。

大手の通信会社の場合、主に解約手続きのために店舗にいく必要があるので、手間がかかります。

Wi-Fi

Wi-Fiも契約期間のしばりがあることが多いので、契約することをお勧めしません。僕のお勧めは、スマホのデータプランをUnlimited(無制限)にする方法です。

Wi-Fiの面倒な契約・解約をする必要がなくなるうえに、外に出た時もWi-Fiを探す手間をはぶけます。

最近は楽天モバイルが通信業界に参入に本腰をいれて、えげつないセールを実施しています。格安SIMに乗り換えたいと思っている人は、楽天モバイルをお勧めします。

3、家は家具付き

家は家具付きの物件を選ぶべきです。海外だと家具付きの物件を見つけやすいのですが、日本だとマンスリーマンションぐらいしか選択肢がないのが現状です。1人や2人ならマンスリーマンションで大丈夫ですが、子連れだと狭すぎます。

そこでお勧めなのがAirbnbです。Airbnbとは民泊のマッチングアプリです。掲載されている宿の多くが、民家と同様に洗濯機、冷蔵庫、食器などの生活必需品が揃っているので、普段と同じように生活できます。

賃貸マンションと比べると料金は割高に思われるかもしれませんが、敷金・礼金・Wi-Fi・電気光熱費なども無料な上に、家具も新たに買う必要はありません。3ヶ月ぐらいの滞在なら、かなりお勧めです。

このブログも、Airbnbで予約したバンクーバーのコンドミニアム(マンション)で書いています。

4、ローンを組まない

ローンを組んでしまうと、支払いに縛られることになります。特に家のローンを組んでしまうと、その土地に縛られることになります。現在の日本では、家の値段が上がることがあまり期待できないので、手放すことも簡単にはできないでしょう。

家のローンがある状態で家族ノマドをすると、ダブルで家賃を払わなければなりません。よほどお金に余裕がなければできません。そもそもお金に余裕がある人はローンを組む必要はないのですが。

もし海外でノマドをしたい方は、日本で車のローンを組むべきではないです。ローンがある状態では、海外に滞在する決心がつきにくいです。また、ローンがある状態で海外に移住したとしても、乗らない車のローンを払い続けるのはもったいないです。

車が必要な人は、中古車を一括で買うべきです。中古車の場合は、買った金額の30-40%で売れることがあるので、新車よりはるかにコスパがいいでしょう。

僕は半年間カナダに滞在した時に修理費含めて40万円の中古車を購入しました。日本滞在の2年間も30万円の中古の軽自動車を購入し、使い倒しました。

少しボロい車でしたが、この金額なんで仕方ないです。カナダではアメリカ横断、カナダ横断と2回も北米大陸を横断できたので、かなりコスパがよかったです。ちなみにカナダで乗ってた車はHondaのシビック。やっぱり日本車は壊れにくいです。

↓アメリカ横断中のシビック

スマートフォン

「スマホもローンなの?」と思われた方もいるでしょう。

端末を分割払いするのは、ローンを組んでいることに値します。初期費用はあまりかかりませんが、2年間支払い続ける契約になっている場合が多いです。

分割で払っても、一括で払っても金額はさほど変わらないので、より自由度の高いほうを選ぶべきです。携帯会社の甘い誘惑には要注意です。

 

最後に

最後に、我が家の今後の展望を話します。

子供が小学生になる前までには、日本のどこかで拠点を作ろうと考えています。新築は高すぎて、ローンを組まないと買えないので、中古マンションを一括で買う計画を立てています。

カナダの永住権を持っていますが、子供達は日本で育てたいと考えています。英語よりも、きちんとした日本語を話せるようになってほしいので、日本の学校に通わせる予定です。

購入場所は実家の近くを検討しています。将来的に僕と妻が海外に滞在していても、両親に世話をお願いできるからです。

ノマドは子供達には強制はしたくないので、家に残るかついてくるかを選べるように、生活拠点は必要だと考えています。

子供が小学校に入学すると、各地を転々とする家族ノマドをすることは難しくなりそうなので、そうなる前にノマドがしやすい環境を整えていくことが重要と思っています。