家族ノマド

家族ノマドでピッタリの生活が見つかる!【理想の暮らしを実現】

たけし
たけし
この記事では家族ノマドで理想の暮らしを見つけられる理由を紹介します。

ぼくは妻と娘2人とノマドをしながら各地を転々としています。

この4月に徳島県に引っ越してきたときに、「ここに長く住みたい!」と心から思えました。

なぜ理想の居住地に出会えたのか、具体的な理由を紹介していきますね。

理想の住環境を知る

 

理想の暮らしを実現するためには”どの地域に住む”かだけではなく、住環境も大事な要素です。

4年前に長女が生まれてから8回引っ越して、いろんな家に住んだことで、家に関しての自分たちのこだわりを見つけることができました。

いま住んでいる家は、僕たち家族の希望をほぼ満たしてくれています。

住環境が良いことも「ここに長く住みたい!」と思っている理由の一つです。

現在の我が家の理想としている住居環境は

  • 1階
  • 階段がない
  • 2LDK
  • 築浅
  • お風呂が綺麗で広い
  • 食洗機つき

です。

今の住居で唯一の不満は食洗機がついていないことだけです。

家族ノマドをしていなかったら、一軒家の広い家に憧れていたでしょう。

京都滞在中に一軒家に住んだことで、掃除と階段がめんどくさいことに気づきました。

また築年数が浅い方が、段差が少ない、ドアがバタンと閉まらない、などの細かい箇所まで工夫されて建てられている、ということも学びました。

8回も引っ越しすると、自分たちの住居環境のこだわるポイントが明確に見えてきます。

住むと、リアルが見える

”旅行する”と”住む”では全く景色が違います。

旅行に行くと「いつか住んでみたいな」と感じることはありますが、実際住んでみると「あれー。なんか違う」ということになりかねません。

実際に住んでみて、スーパーに行ったり、電車にのったりすることで、生活の利便性が見えてきます。

ぼくの場合、徳島県に移住する以前は田舎に住んだ経験がありませんでした。

「田舎は不便!」

「田舎はすることがない」

「田舎のコンビニはヤンキーがいる」

みたいな悪い情報しか、耳に入ってきませんでした。

ですが、徳島県に移住してみると「全然不便じゃないやん。むしろ都会より快適」と思いました。

  • 公園が空いている
  • 信号が少ない
  • 穏やかな人が多い
  • スーパーが激混みしていない
  • アマゾンの配達時間も変わらない
  • コンビニが広い

など、子育て世帯にとっては最高の環境です。

人が少なく、広いスペースがあるので、子供をノビノビと育てることができます。

車で30分で大型モールがあり、Amazonもあるので、都会に住んでいた時とほぼ変わらない生活をしています。

しかし徳島県も広いので、山の中などのド田舎に住めば、とうぜん不便な環境です。

比較できる

家族ノマドで理想の暮らしを見つけられる一番の要因は、他の都市を比べることができるからです。

多くの都市に住むことで、街の利便性、住環境、気候など、自分が何を大切にしているのかが気づけます。

比較対象が増えることは、判断材料が多くなることにもつながります。

3歳の長女は徳島県に移住したことで、明らかに笑顔がふえました。

子供の笑顔も判断材料の一つです。

移動しなければ比べる対象がないので、今住んでいる街が自分にあってるのかは判断できないでしょう。

最後に

理想の暮らしを探すために、家族ノマドをすることは一つの手段になります。

しかし家族ノマドをずっと続けることは、非現実的です。

子供が小学生になる時までには、拠点となる場所を決めるべきです。

やはり何回も転校するのは、子供の負担が大きすぎます。

我が家も子供が小学生から高校生ぐらいまでは、おとなしく同じ地域で暮らす予定です。

家族で理想の街を見つけることは簡単ではないですが、子供が小さいうちに家族ノマドを試してみる価値はあります。