お金

飲食店経営をやめて投資を始めた理由【人生の強力な武器】

こんな人に読んでほしい💡

・ビジネスを始めようか検討している人

・投資に悪いイメージを持っている人

・投資を始めるきっかけが欲しい人

たけし
たけし
ぼくが飲食店経営をやめて、投資を始めた理由について解説します。

約3年間経営してきた飲食店を閉めて、この春から本格的に投資を始めました。

閉めた理由はコロナというのもあったのですが、飲食店経営に疲れていたこともあります。

政府から毎月お金がでていて、なんとか経営を維持することはできたのですが、いいきっかけかなっと思い、店を閉めちゃいました。

ビジネスはなかなか難しいと痛感させられました。

そしてビジネス口座に残っていたお金で、投資を始めました。

ぶっちゃけ投資の方がストレスは少なく、気楽ですね。また場所や時間に縛られないこともいい点です。

今では飲食店を閉めて、投資を始めたのはグッドムーブだったと感じています。

その理由を詳しく説明していきますね。

経営者は精神的につらい

ビジネスオーナーって良い響きですよね。

ですが飲食店を経営していて分かったことは、経営者は精神的にしんどいということ。

精神的ダメージを受ける一番の原因は”人”なんです。

従業員への悩み

起業したての頃の経営者の悩みは、売上についてなのですが、その後にくる悩みは従業員に関することです。

売上が上がると「給料をあげろ、休みがもっとほしい」となるわけです。当然その気持ちはわかります。

ですが、売上が下がっても「給料を下げてもいい、休みを減らしてもいい」とは従業員は言ってくれません。

売上が上がったら私たちのおかげ、下がったら経営者の責任みたいになります。

そして給料を上げないと「オーナーは何もしないのに、お金をもらっている」みたいに、強欲な人みたいに従業員に思われます。

雇われから解放されるために、リスクを背負って起業したにもかかわらず、従業員からの「経営者も働け」オーラがすごいのです。

そもそも働きたくないから起業した人にとっては、悩ましい問題になります。

口コミの恐怖

現在のサービス業には、口コミがつきものです。

ぼくの経営していた飲食店も口コミと戦っていました。

ほとんどのレビューは高評価だったのですが、たまにどえらい悪いレビューを投稿されることがあったので、精神的に病むことありましたね。

「今までで食べた寿司の中で1番まずい」

「レジを操作した後、手を洗わず食材を触った」

なんて書き込まれると、「この口コミでお客さん減ったらどうしよう」と不安になります。

ライバル店が書いてるかもしれないですし、クチコミを買うこともできるのだから、気にする必要はないと思っていても、やっぱり気になっちゃうんですよね。

飲食店は経費地獄

飲食店は初期費用・固定費がかかりすぎます。

原価率…30%
人件費率…30%
家賃費率…10%
光熱比率…8%
その他経費…12%
利益…10%

飲食店の利益は、たった売り上げの10%だけなんですよ。

自分で働けば、人件費を削ることはできますが、それなら雇われとあまり変わらない状態。

飲食店は利用する人も多く、当たればデカイので、夢はありますけどね。

教育系・美容系などは、原価があまりかからないので利益率は飲食店よりいいです。

さらにネットビジネスなどのオンラインで仕事ができると、家賃もかからないので、ほぼ利益。

ですがネットビジネスも争いが激しいので、今から始めても儲けるためには時間がかかりそう。

投資家になることはハードルが低く、固定費もかからないので、雇われて働きたくない人にとっては良い職業です。

投資はリスクが高いと言いますが、ビジネスを始めるほうがリスクが高いでしょう。

飲食店や美容室などのビジネスだと、初期費用を回収するのに時間がかかり、利益がでるのが3年後なんてこともザラ。

初期費用を回収するまでに倒産したら、借金を背負うことに。

投資はレバレッジ取引などのハイリスクなことに手をださない限り、借金を背負うことはありません。

「投資はハイリスクだからやめとけ」というのは世間の思い込みです。

投資は最強のツール

これはぼくがビットコイン投資を始めるきっかけにもなった”まなぶくん”が最近したツイートです。

結局ビジネスって面倒なことが多いんですよね。しかも投資と比べて、コスパがよくないんです。

ぼくが投資を始めた理由は

  • 雇われたくない
  • 場所に縛られたくない
  • 時間に縛られたくない
  • 固定費がかからない

ことです。

ぼくには2歳と3歳の娘がいるので、家にいたほうが家族の仲も良くなり、妻の負担も減りますからね。

外に働きにでると「もっと子供と遊んどけばよかった」と後悔することにもなります。

始めたばかりなので、稼げるようになるかは分かりませんが、投資だけで生活できるようになれば、かなり自由になれます。

投資を勉強することは、人生の強力なツールになると考えています。

会社が倒産しても、仕事がなくなっても、就職できなくても、お金を稼げるからです。

けっこうそれって最強じゃないですか?

肉体労働なしで、世界のどこからでもお金を稼げちゃうなんて。

もちろんリスクはありますが、だいたいお金を持っている人は投資をしてますからね。

投資で人生を豊かにできるチャンスがあるので、ぼくは恐れず飛びついてしまいました。

投資で失敗しても人生が終わるわけではないので、投資でお金を稼げるようになったらラッキーみたいな感じです。

まとめ

ぼくは飲食店と投資をどちらも経験したことで、投資のほうがお金を効率よく稼げるという結論に達しました。

結局ビジネスも投資も、お金が増えるか減るかは自分次第なんです。

飲食店はビジネスの集大成だと考えていて、ライバルも多く、成功させるのは並大抵のことではありません。

ですがやっぱり元料理人なので、子供が大きくなった時には、もう一度飲食店を始めるつもりです。

今は家族との時間を優先したいので、投資家として稼ぐことを目指しています。

投資は資本主義経済の生き抜いていく中で、最も効率的にお金を稼ぐことができる方法でしょう。