がんばらない家事

家事が嫌いな人はミニマリストを目指そう【家事のミニマル化】

こんな悩みを解決

・家事に時間をとられて、自分の時間がない

・できるなら家事をしたくない

・家事を効率化できる方法をしりたい

・家事のストレスを減らしたい

ゆるたけ
ゆるたけ
以上のお悩みを解決する方法をお話ししていきます。

多くの人が「できるなら家事をしたくない」と思っていますよね。

ボクもその1人です。もしお金持ちなら、家政婦さんを雇って、全ての家事をやってもらいたいと思っています。

そんな夢は叶うはずもないので、なるべく家事をしなくてもいい手段を日々模索しています。

実際にボクは、家事を減らす一つの手段として、ミニマリストとして生活しています。

以下で詳しく、なぜミニマリストは家事の負担が少ないのかを話していきます。

なぜミニマリストになると家事が楽になるのか?

ものが多いと家事の総量が増えます。

  • 家具が多いと、隙間などにほこりが溜まりやすい
  • 座布団やクッションが多いと、洗濯物が多くなる
  • カーペットがあると、ジュースなどをこぼした時の掃除が大変
  • 服が多いと整理・衣替えに時間がかかる
  • 食器が多いと使っていないものにホコリがたまる・探すのが大変
  • ゴミ箱が多いと、ゴミ袋を変える作業が増える

などなど…挙げればキリがありません。

上記で挙げた、一つ一つの作業は大したことはないように感じますよね。

ですが家事にストレスを抱えている人は、このような小さい家事にも目を向ける必要があります。

モノがあるから、汚れがつきまますし、片付けや整理をしなければなりません。

また料理にかんしても、不要な食材を溜め込まないことで、調理時間を短縮することができます。

冷蔵庫に食材がパンパンにたまっているという話をよく聞きます。

そういう状態では、冷蔵庫に入っている食材を把握できません。

いざ料理を作ろうとした時に、食材や調味料を探す時間がかかりますし、探しても見つからないなんてこともあります。

スムーズに調理するためには、自分が把握できるだけの食材だけをストックするように心がけましょう。

わが家の家事の量

掃除や洗濯をしなければならないモノを減らすことで、家事のミニマル化が実現できます。

一般家庭にあって、わが家にないものは

  • カーペット
  • クッション
  • 座布団
  • ソファ
  • テレビ台
  • ゴミ箱
  • ベッド
  • 衣類ケース
  • 洗面器
  • 風呂蓋
  • 風呂の椅子

これらのモノがないことで、わが家では、これらにかける作業を減らすことができています。

以下で、ミニマリスト家族のリビングと寝室を紹介します。

リビング

リビング別角度↓

わが家のリビングは、見てわかるとおり超シンプル。ていうか、殺風景です。

とても人を呼べる家ではないですよね。

ですが、リビングの掃除にかける労力は、ロボット掃除機でとりきれなかったゴミや髪の毛をハンディ掃除機で吸い取るだけです。

つい最近まで、テレビさえありませんでした。結婚5年目にして、はじめてテレビを取り付けました。

ボクたち夫婦もたまにテレビをつけることはありますが、子供のアニメ用です。

地上波にはつないでおらず、Amazon Fire TV Stickを差し込んで、Amazon primeとNetflixを視聴できるようにしてます。

そんなわが家のリビングにあるものは

  • パソコン用の机と椅子
  • テレビ
  • ローテブル
  • 子供用椅子2脚
  • 子供用のオモチャ棚

だけです。

床にモノがないため、ロボット掃除機がスイスイすすみます。

また隙間が少ないことや、汚れるモノがないこで、ラクに掃除ができています。

一般的家庭では

  • テレビ台のホコリをとる
  • ソファに落ちた食べかすをとる
  • 座布団・クッションを定期的に洗う
  • カーペットのシミとり

などの作業が必要ですが、わが家はしていません。

インテリアにこだわったオシャレな生活はあきらめて、モノを置かないことで、掃除にかける時間を最小限にしています。

寝室

寝室も同様に、モノを置いておらず、寝る専用の部屋にしています。

あるのは、布団と子供のぬいぐるみだけです。

長女が赤ちゃんの頃はベッドがあったのですが、長女と一緒に寝るようになった時に、安全面を考え、ベッドを処分しました。

ベッドは快適ですよね。なので、寝そべりながらお菓子や飲み物を飲んでいる人も多いでしょう。

そうなると、お菓子のカスが落ちたり、飲み物をこぼしてシーツを汚してしまい、家事を増やす原因にもなります。

寝室に布団しかなければ、寝る時以外に入ることがほとんどなく、綺麗な状態を保てます。

綺麗に寝室を保つことで、あまり掃除をする必要もなくなります。

最後に

この短い記事を読んで、モノがないことで家事が減ることを実感してもらえましたか?

モノがないことで家事の効率化になるうえに、ストレスも減少します。

モノには、選ぶ、買う、整理する、捨てるなどの時間が必要です。モノを買うことで考え事が増えます。

いつ使うかわからないモノを所有していることで、それを見るたびに

「買ったのに全然使っていない。もったいなー」

など買ったことに後悔して、嫌な気分になることもあるでしょう。

使わないモノを持っていると、自分の貴重な時間を奪われることにもなります。

断捨離をすることは、心を軽くする一つの手段でもあります。