家族ノマド

【新しい生活スタイル】家族ノマドってどんな生活?

こんな人に読んで欲しい!

  • 家族ノマド生活に興味がある
  • 子連れで色々な都市、国に住んでみたい
  • 実際のどんな生活をしているのか知りたい
こんにちは!家族でノマドライフをおくっているTakeshiです。この記事では、我が家の家族ノマドの生活を紹介します。

家族ノマドをする理由

家族ノマドをする理由

・住む場所に縛られたくない

・色々な都市で生活をしたい

・大の旅行好き

子供に色々な世界を見せたいという理由ではなく、自分がノマド生活をしたいので、妻と2人の娘についてきてもらってます。

僕は海外に憧れがあり、大学生の頃にバックパッカーとして、100都市20カ国の以上を旅しました。旅行と実際の生活は、見える景色が違うと感じたので、ノマドライフをはじめました。

ノマド生活は場所には縛られないですが、手続きなど面倒なことが多いのも事実です。ですが、新しい環境に身をおいて、色々な新しい経験をすることで得られる充実感は、ノマドのの醍醐味と感じています。

僕は欲張りです。限りある人生の中で、人より多くの経験をしたいと思っています。子供がいるのを理由に、ノマドライフを諦めることはしたくありません。

家族ノマドのメリットやデメリットは多くありますが、メリットがあるからするのではなく、ただ単に自分の欲求に忠実に従っているだけです。

その気持ちがないと、家族ノマドをすることはできないでしょう。

 

実際の家族ノマドの生活

僕には、妻、1才の次女、3才の長女がいます。2017年に子供が生まれてから約3年間で、引っ越しを4回しています。トロント→バンクーバー→芦屋市→神戸市→バンクーバーという感じで。

長女はカナダで生まれ、次女は日本生まれです。この記事は、バンクーバーで書いているのですが、今現在も大阪、京都、ドバイ、マレーシアなどの移住計画をたてています。

前置きはさておき、今現在住んでいるバンクーバーでの生活を紹介していきます。

バンクーバーでの家族ノマドライフ

2020年12月の世界でコロナ大流行のさなかに、兵庫県からバンクーバーに引っ越してきました。

住む期間は半年〜2年を予定していますが、正直いって未定です。そんな軽いのりで、生活できるのもノマドの魅力でもあります

住居は?

日本から初めの1ヶ月は、Airbnbで予約しました。実際住んでみて、気に入ったので、大家さんと交渉して、さらに3ヶ月延長することに決めました。

日本ではあまり認知度がないAirbnbですが、海外ではかなりメジャーな宿泊方法です。

Airbnbは住居に泊まる民泊なので、家具/キッチン/Wifi/食器/バスタオルなど、生活に必要なものが揃っていることが多いです。また、ガス・電気などの契約も必要ないので、ノマドにはかかせないサービスです。

子供はどう過ごしているのか?

保育園の申し込みをしたのですが、すぐに入ることができないので、今は午前9時〜14時まで日本人のベビーシッターさんに来てもらってます。

ネットで調べたら簡単に探すことができるので、保育園にすぐに入れなくても安心です。

シッターさんが帰ってから、お昼寝をして、起きたらみんなで買い物に行くというスケジュールです。冬のバンクーバーは雨が多いので、降っていない時は公園などに行っています。

基本的に子供は家にいることが多いので、Amazonでおもちゃをたくさん買いました。もう少し季節がよくなり、コロナがおさまったら、旅行に行こうと計画しています。

下の写真はバンクーバーにある新戸部稲造の記念庭園。

現在の最大の楽しみは?

本当は近郊を旅行することと言いたいのですが、カナダでもコロナが流行しているので、今現在は自粛しています。トロントで滞在している時は、よく国境を超えてアメリカや南米を旅行していました。北米滞在中に日本から行きにくい場所にも頻繁に行くことができまた。

子供の面倒をみてもらってる間に、妻と一緒にカフェで仕事をして、ランチを食べに行くことが、今一番の楽しみです。カナダは移民が多く、多国籍料理を食べれるので、毎日色々な食べ物を味わっています。

下の写真は、最近食べたメキシコ料理×韓国料理のフュージョンフード。プルコギブリトーとコチュジャンケサディア。かなり美味しい。

家では何を食べている?

朝は納豆ご飯を食べ、夜は魚か肉を焼きます。日本の調味料も揃っているので、和食が恋しくなることはありません。先進国の大きな都市では日本食が手に入るので、食の面で心配する必要はないでしょう。

料理がめんどくさい時は、Ubereatsで注文しています。日本のアプリがそのまま使えるので再登録しなくてすみます。Ubereatsでは基本的に中華を注文します。世界のどこで食べても、中華は美味しい。

お金はどうしているの?

僕たちは、カナダに銀行口座を持っているので、お金は問題なく引き出せます。ですが、来て1ヶ月経ちましたが、一度も引き出していません。ほぼ全てのものをクレジットカードで支払いできるので、現金を持つ必要はありません。

長期滞在の人は口座をつくることを検討すべきですが、観光ビザで3ヶ月ぐらい滞在する人は、VISAがMasterのクレジットカードが2枚あれば、充分暮らせます。またクレジットカードでキャッシングをすれば、現金も引き出せます。

 

最後に

家族ノマドライフの最大の魅力は、旅行以上移住未満という点です。旅行よりも楽しめますし、移住なんて重苦しいこともありません。その土地が気に入らなかったら引っ越せます。

色々な都市に身をおくことで、擬似移住体験をすることができます。だいたい3ヶ月ぐらいを目安にすると、旅行よりその土地を詳しく知ることができます。

滞在地では、様々な場所に出かけ、日本からのツアーでは行くことのできない現地の観光名所なども巡ることができます。

滞在することで、現地のリアルな生活に触れることができます。

今後さらにノマドビザを発給する国が増えていくことが予想されるので、海外家族ノマドがもっとしやすい世の中になるでしょう。