がんばらない育児

毎日子供におやつをあげても大丈夫!わが家の健康的なおやつ

たけし
たけし
この記事では、ぼくたちが2歳と3歳の娘に与えているおやつを紹介します。

ぼくたち夫婦は”がんばらない育児”を実践しています。

がんばらないとは言っても、おやつを制限なく与えることは間違っていますし、もちろん子供を健康に育てたいと思っています。

なので、健康的なおやつを子供達に与えています。

おやつを禁止するのではなく「このおやつだったら好きなだけ食べていいよ」ということにしています。

お菓子ばかり食べている子供を見て、罪悪感を感じることもなく、子育てのストレスを減らしています。

さっそく、ぼくたちの子供のおやつを紹介していきますね。

健康的なおやつ

ぼくたちが2歳と3歳の娘に与えているおやつを順に紹介していきます。

果物

できるかぎり毎日、果物を与えるようにしています。

果物の値段が高いのが難点なんですけどね。

ハウス栽培のものは高いので、なるべの旬のものを買うようにしています。

果物は甘味もありますし、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとることもできます。

チョコレートやジュースを買えば安くすみますが、子供の健康はお金には変えられないので、小学生になるまでは果物を与え続けるつもりです。

干し芋

この干し芋はダイソーで買っています。

平切りタイプとスティックタイプがあり、我が子は平切りタイプが好みです。

原材料は”さつまいも”のみ。

保存料や着色料も使われていません。

食感はネットリしていて、ほのかな甘味もあるので、大人でも美味しく食べられます。

焼き芋

焼き芋はスーパー見つけたときに買っています。

賞味期限は当日のことが多いですが、冷蔵庫に入れておけば2日ぐらいはもちます。

甘栗

この甘栗もダイソーで買っています。

原材料は”栗”だけ。

干し芋と同じで、保存料や着色料が使われていません。

ポップコーン

このポップコーンはローソンで売られています。

他のポップコーンは味が濃く、化学調味料が使われていることが多いのですが、この商品は、原材料がとうもろこし・植物油・塩だけです。

優しい味付けなので、子供むきのポップコーンです。

電子レンジで作るタイプもありますが、どうやらあの手の商品は体に悪いらしく、子供に与えていません。

フライパンに油を入れて、とうもろこしの種から自分で作ることもできますが、めんどくさくて断念しました。

とうもろこし

夏になると安くとうもろこしが売られているので、必ず買うようにしています。

真空パックタイプもありますが、味は生のとうもろこしのほうが圧倒的に美味しいです。

まとめて買って、お湯で12分ゆがくだけなので、簡単です。

多く買いすぎてしまった場合は、湯がいた後に冷凍庫に入れると、日持ちします。

小魚

食べる小魚という名のとおり、原材料名はカタクチイワシのみ。

食事でだす魚は食べないのですが、これはボリボリ食べていますね。

普段魚を食べない分、おやつで魚の栄養素をとれているので、助かっています。

チョコレートなどの味の濃いものを与えない理由

長女が小学生になるまでは、チョコレートやポテトチップスなどの味の濃いお菓子は、与えないつもりです。

子供の健康のためでもありますが、ぼくたち自身のためでもあります。

カロリーの高いお菓子を食べると

  • お腹いっぱいでご飯を食べなくなる
  • ご飯よりおやつのほうが美味しいので、ご飯を食べなくなる
  • 虫歯になり、歯医者に通うことになる
  • おやつ依存症になる

わが子がお菓子ばかり食べていると、罪悪感を感じることになるでしょう。

そしておやつを制限するために、叱ったり、料理をがんばったり、することになります。

最初から子供に、健康に悪いおやつを与えなければ、おやつから遠ざける努力をしなくてすみます。

ぼくたちの娘はチョコレートやポテトチップスを食べたことがないので、欲しいとは言いません

健康に気をつけたおやつを子供に与えることで、結果的に育児の負担が減ります。

最後に

育児の負担を減らしたい人は、健康的なおやつを与えるべきです。

パッケージの裏に書かれている原材料を見て、子供に適切かを判断しましょう。

聞いたこともない材料がごちゃちゃ書かれている商品は、避けたほうがいいです。

成長していくと、お菓子を自分で買いに行ったり、友達の家でも食べるようにもなります。

そうなると制限するのは難しく、過度に制限することは可哀想です。

親がおやつを管理できる期間だけは、健康的に子供を育てましょう。