がんばらない育児

子供が散らかしてイライラ!オススメの6つの対策!

子供が家の中を散らかすだけ散らかし、あとは片付けもせずに放置。このようなことで悩んだりストレスが溜まっていませんか?

おもちゃは出したら出しっぱなし・何回言ってもティッシュの中身をだす・引き出しからものを出しまくる

などなど。。。。

子供は家の中を散らかしたい放題です。自分のおもちゃだけでもいいから、片付けてほしいですよね?

結論からいいますが、子供に毎日ちゃんと片付けをさせるのは、ほぼ無理でしょう。

子育てをしていれば、物が散らかることは当たり前として、散らかりにくい環境を作る方が重要です。

妻の友人の娘は3歳までは片付けをしていたのに、急に片付けをしなくなったそうです。それを聞いて、僕達夫婦は子供に片付けを教えるのを諦めました。

僕には1歳・3歳の娘がいます。片付けを教えていませんし、強要もしていません。子供に片付けさせることより、ものが散らからない対策を徹底的にしています。

散らかった部屋を見て、ストレスを溜めないためにも、物が散らかりにくい環境を作るべきです。この記事では、子供が散らかして片付けない理由、物が散らかりいくくする対策について解説していきます。

なぜ子供は、散らかして片付けないのか?

子供がものを散らかす理由

おもちゃ箱から全部おもちゃをだす・クローゼットから服を次々と取り出す・ティッシュを散乱させる

などの行為は、全て好奇心から生まれてくるものです。

散らかす行為に対して「ダメ!ヤメて!」ということは、子供の好奇心を潰すことになります。何度も言いますが、子供が散らかすことを前提として、散らかりにくい環境を整えることが重要です。

子供が片付けをしない理由

子供が片づけをしない理由は、単純にしたくないからです。まだおもちゃで遊びたい、今はしたくない気分だとか、色々と理由はあります。

大人でも、スマホゲームをしている時に、「今すぐやめて、寝なさい」と言われたら、抵抗するものです。

親と一緒にやる・ゲーム感覚でやらす・収納場所をかえる

などなど、子供に片付けさせる方法などはありますが、結局はタイミングの問題で、する時としない時があります。

たまに親の言うことを聞いて、素直に片付ける子供もいるかもしれませんが、ほとんどの子供は言うことを聞かないです。

片付けられない子供はずっとそのまま育つ?

家で片付けない子供でも、保育園・幼稚園ではちゃんと片付けをしている子が多いです。園ではきちんとしたルールがありますし、友達も片付けするので、自分も真似するようになります。

実際、僕の子供も家では全く片付けをしませんが、保育園では片付けをしています。決して片付けができない子ではないです。

家の中では、甘えているだけです。子供も大人と同じように、環境に合わせて行動・言動を変えます。保育園・幼稚園と比べて、家の中は安全でリラックスできる環境なので、無理に片付けさせるのはやめましょう。

 

散らかりにくくする、6つの対策

※我が家は子供のスペースと大人のスペースを分けています。

部屋が散らかって、ストレスが溜まるのを防ぐためには、なるべく物が散らかりにくくなる対策をうつべきです。

1、おもちゃ

子供が毎日散らかすものはおもちゃです。おもちゃは散らかるものと理解して、対策しなければならないです。

使わないおもちゃは捨てる

おもちゃは、色々な人からもらうので、日に日に増えていきます。なので、成長にあわせて、使わないものはどんどん捨てていくべきです。おもちゃが無ければ、片付けるものも減ります。またおもちゃが溜まると、整理する作業も増えます。

おもちゃ箱を分ける

おもちゃ箱を3-4つぐらいに分けるべきです。使うおもちゃ箱だけ渡して、使わないおもちゃ箱は子供の手の届かなく、見えないところにしまいましょう。そうすることで、おもちゃの散らかる量が少なくなり、片付けを最小限にできます。

2、フックを高い位置につける。

子供が手の届くところに物があれば、それですぐに遊び始めます。フックや棚などは、手の届かない位置に設置して、それに帽子や鞄などをかけると良いでしょう。

3、サクをつける

キッチンなどの、危険な物・触られたくないものがおいている場所に入られると、色々と面倒です。それを防ぐためにも、子供用の柵を取り付けましょう。物理的に子供が遊んでいい空間を作ることで、散らかすものは限定されます。

4、机にものを置かない

子供が手にするものは、全ておもちゃとして扱われます。子供が置かれている物で遊んでいても、叱るのはよくないです。手の届くところに、物を置かないことを意識しましょう。机やテレビラックには、子供が小さいうちは、物を置くことを控えるべきです。

5、ティッシュは手の届かないところへ

幼児はティッシュを出すのが大好きです。無くなるまで出し続けます。ティッシュは必ず手が届かないところへ置いておきましょう。

6、引き出しにロックをする

子供は引き出しを開けて、入っているものを出したがります。そもそも、引き出しが開かなければ、物が散らからずに済みます。ドアロックをつけるだけで、解決できます。またこの商品は、地震対策にも使えるので、オススメです。

 

最後に

「絶対片づけを子供に教えるんだ」という方には、あまり響かない内容だったかもしれません。

子供に片づけを教えるのは、かなりの根気がいり、大変です。せっかく片づけを教えたのに、やる時とやらない時があります。

そんなことで子供にイライラしたくないので、僕は散らかるものを最小限にする方法を実践しています。今ではおもちゃ箱に、ざっくりと入れるだけなので、1分もかかりません。

親子共にストレスなく生活することが、何よりも重要なことです。