仮想通貨取引所

損しない!目的別の仮想通貨取引所の選び方【12社比較】

この記事で解決できるお悩み!

取引所を選ぶ基準は?

どの取引所がおすすめ?

損しないための取引所はどれ?

自分の目的にあった取引所はどれ?

取引所選びで注意するポイントは?

ゆるたけ
ゆるたけ
このような悩みを以下の実績を持つ、暗号資産取引所オタクのゆるたけが解説します。

・11の暗号資産取引所を開設
・暗号資産の未来を信じて8桁運用
・100種類以上のNFTを保持
・自ら実践しながら、暗号資産の情報を発信!

この記事で解説する『目的別のおすすめ暗号資産取引所(仮想通貨取引所)』を読むと、自分に適した暗号資産取引所が見つかります!

各仮想通貨取引所のクセ(長所・短所)を知ることで、お得で効率的に暗号資産投資・運用ができます。

この記事で説明する内容は大きく分けて2つ

  1. 暗号資産取引所を選ぶ基準
  2. 目的別で選ぶ暗号資産取引所

『すぐに、自分に合う暗号資産取引所(仮想通貨取引所)を知りたい』という方は、『目的別のおすすめ取引所4選』 をクリックすると該当箇所に飛べますよ!

では始めていきます。

【早見表】人気の暗号資産取引所(仮想通貨取引所)12社

筆者のオススメは、総合力のあるbitFlyerだよ!
取引所 人気 銘柄数 手数料 レバレッジ
取引
公式サイトを見る 15
公式サイトを見る 18
公式サイトを見る 20
公式サイトを見る 12
公式サイトを見る 15
公式サイトを見る 19
公式サイトを見る 16
公式サイトを見る 14
公式サイトを見る 6
公式サイトを見る 5
公式サイトを見る 7
公式サイトを見る 5  

 

暗号資産取引所(仮想通貨取引所)を選ぶ基準

暗号資産取引所(仮想通貨取引所)を開設する時の判断基準として、見るべき項目を紹介していきます。

選ぶ基準5つ

  • 基準1:安全性の高さ
  • 基準2:各手数料の安さ
  • 基準3:銘柄数
  • 基準4:レバレッジ取引の有無
  • 基準5:独自のサービス

それぞれの基準を詳しく解説していきますね。

基準①:安全性の高さ

初心者の人が暗号資産取引所を選ぶときは、信頼性や安全性の高い取引所を選びましょう。

暗号資産は新しいテクノロジーであり、取引所には多額の資金が集まるため、ハッキングの標的になる可能性があります。

※GMOコインのセキュリテイ体制

国内の取引所は、基本的なセキュリティ体制は整っています。少しでも安心感をもって暗号資産を取引したい人は、大手の取引所を選びましょう。

上記の2つの大手取引所はユーザー数も多く、国内取引所の中で最も知名度があり、人気のある取引所です。

基準②:手数料の安さ

暗号資産取引所ごとに、手数料には大きな差があります。損しないためには、各仮想通貨取引所の手数料を理解しておくのは必須です。

取引所の主な手数料

日本円の入出金手数料

暗号資産の購入・取引手数料

暗号資産の送金手数料

取引所の比較ポイントとして、1番注目して欲しいのが、暗号資産を購入・取引する時の手数料です。取引手数料をしっかり知っておかないと、かなり損をします!

また、取引所の公式サイトに「取引手数料無料!」と表示されていても、実質的な手数料として支払うことになるスプレッドについても注意しておく必要があります。

ゆるたけ
ゆるたけ
初心者の頃、このスプレッドでかなり損をしました。みなさんも注意してください!

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことで、見えない手数料と言われています。簡単に言うと、実際の暗号資産の価格に取引所が手数料を上乗せしているということです。

上記の4つの取引所は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)という人気のある主要な仮想通貨を安い手数料で取引できます。

基準③:銘柄数

取扱い銘柄数が多いほど、投資チャンスが生まれます。

また自分が投資したい銘柄を取り扱っていることも、取引所を選ぶ重要なポイントになります。

上記の取引所が、仮想通貨の取扱銘柄数が多い国内取引所です。

もっと多くの仮想通貨に投資したい人は、海外取引所の利用しよう!

Binance(バイナンス)
世界最大の海外仮想通貨取引所。取扱通貨は400種類以上。

Bybit(バイビット)
日本人に人気のある海外仮想通貨取引所。日本語のサポートも充実している。取扱通貨は200種類以上。

海外仮想通貨取引所は、上記の2つがおすすめです。

基準④:レバレッジ取引の有無

レバレッジ取引(証拠金取引)とは、差金決済と呼ばれる仕組みで、実際には金融商品を保有せず、「売買価格差」で損益を得る取引のことです。

暗号資産でも、取引所によってはレバレッジ取引ができます。暗号資産の場合は、最大レバレッジが2倍までなので、口座にある資金の2倍まで取引可能です。

※DMM Bitcoinレバレッジ取引3つのオススメポイント

また、レバレッジを採用している暗号資産取引所の多くは、「買い注文」だけではなく、「売り注文」も行うことができます。

下落相場でも利益を上げたい人は、レバレッジ取引ができる取引所がオススメです。

上記が、レバレッジ取引ができる暗号資産取引所です。

基準⑤:独自のサービス

独自のサービスを展開している取引所もあるので、暗号資産取引以外のサービスによって、口座を開設する取引所を決めるのもアリです。

以下で、サービスが充実している3つの取引所を紹介します。

bitFlyerサービス

かんたん積立:自分に適したペースで暗号資産の積立投資が可能

bitFlyerクレカ:ビットコインが貯まるクレジットカード

・ビットコインをもらう:提携サービスを利用することでビットコインをもらえる

・Braveと連携:WebブラウザのBraveを利用することでBATがもらえす

Tポイント:Tポイントをビットコインに交換できるサービス

コインチェックのサービス

Coincheckつみたて:月々定額でビットコインを自動積立

Coincheckでんき:電気代を払うことでビットコインが還元

Coincheckガス:ガス代を払うことでビットコインが還元

貸暗号資産サービス:暗号資産を預けることで金利がもらえる

Coincheck NFT(β版):NFTの売買ができるマーケットプレイス

IEO:上場前の資金調達ラウンドへの参加

GMOコインのサービス

つみたて暗号資産:毎月自動で暗号資産の購入が可能

貸暗号資産:暗号資産を一定期間貸し出すことで貸借料が受け取れる

ステーキング:暗号資産を保有するだけで、報酬を受け取れる

 

【5選】目的別のおすすめ暗号資産取引所(仮想通貨取引所)

自分で選ぶのが難しい人のために、目的別のおすすめ暗号資産取引所を紹介します!

目的別のおすすめ

・総合的に判断するならbitFlyer

・取引銘柄数で選ぶならGMOコイン

・とりあえずビットコインに投資したい人はコインチェック

・レバレッジ取引を積極的にしたい人はDMMビットコイン

・PLT(パレットトークン)を買いたい人はOKCoin Japan

では、取引所ごとに解説していきます。

総合力No.1はビットフライヤー

取引所の規模・手数料の安さ・サービスの充実度などを総合的に判断すると、bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすです。

  • 国内最大手で信頼感がある
  • 主要通貨の手数料が安い
  • 仮想通貨の送金手数料が無料(XRP)
  • レバレッジ取引に対応
  • ステーキングに対応
  • ビットコインが貯まるクレジットカード
  • ポイ活ができる

利用者が多く、人気の取引所だけあって、各種サービスが充実しています。国内の仮想通貨関連のサービスを網羅しています。

ポイ活が好きな人にも、ビットフライヤーがおすすめです。日常生活で仮想通貨を貯めることができます。

ポイントの代わりに、無料でビットコインなどの暗号資産を手に入れいることができるよ!

ビットフライヤーは、仮想通貨を無料で付与する3つの独自のサービスを提供しています。

💡無料で仮想通貨をもらえるサービス

・ネットを使うだけで、BATトークンが貯まる

・提携サイトを利用して、ビットコインをもらう

・クレジットカードを使って、ビットコインを貯める

ビットフライヤーで仮想通貨をもらえるサービスの詳細を説明します。bitFlyer(ビットフライヤー)の詳しいポイ活情報はコチラ

方法①:インターネットを見る

インターネットを普通に使うだけで、無料で仮想通貨がもらえます。

詳しく説明すると、Brave(ブレイブ)というWebブラウザを利用して、表示された広告を見ることで、ユーザーはBAT(ベーシックアテンショントークン)を報酬としてもらえます。

方法②:提携サイトを利用する

ビットフライヤーには「ビットコインをもらう」というサービスがあり、ビットフライヤー経由で提携しているサイトを利用すると、ビットコインを報酬として受け取れます。

上記以外にも、135以上のサービスと提携しています。ネットショッピングや旅行予約など、ビットフライヤー経由でするだけで、ビットコインが貯まります。

方法③:クレジットカードを利用する

ビットフライヤーは、独自のクレジットカードを発行しています。利用金額に応じて、報酬としてビットコインが貯まります。

ビットフライヤークレジットカード

年会費無料のスタンダードのクレジットカードは、還元率が0.5%です。1万円買うと50円分のビットコインが貯まっていく計算です。

bitFlyerは損しないだけではなく、お得な仮想通貨取引所でもあります。

bitFlyerのサイトを
詳しく見る

 

取引銘柄数を求める人はGMOコイン

取扱銘柄数・各手数料の安さを重視する人は、GMOコインがオススメですよ!

カルダノ(ADA)やポルカドット(DOT)など、他の取引所があまり取り扱っていない人気通貨も購入可能です。

また各種手数料の安さも魅力です。

上記の手数料が全て無料な上に、暗号資産を購入する時にユーザーが払うことになる実質の手数料も安いです。

複数の暗号資産を購入したい人は、かなりお得に暗号資産に投資できます。

GMOコインの公式サイトを
詳しく見る

 

とりあえずビットコインに投資したい人はコインチェック

ビットコインに投資したい人はコインチェックがオススメです!

コインチェックでは、日本円の入金から取引所でビットコインを購入するまで、全ての手数料が無料です。

さらに貸暗号資産アカウントからビットコインを預けると、最大年率5%でビットコインを増やすことができます。

ビットコインの購入するまでの手数料が全て無料な上に、保有しているビットコインの量を増やせるなんて最高すぎます

【お得度1位】ビットコインを手数料0円で購入/レンディングする方法【完全無料】この記事では、手数料完全無料でビットコインを購入、レンディングする方法について解説しています。ビットコインを1番お得に購入して、貸し出すことのできる取引所はCoincheckです。またコインチェックの貸暗号資産アカウントでBTCを貸し出すことで、最大年率5%で運用できます。その詳しい手順も解説しています。...

コインチェックはビットコインを手数料完全無料で運用できるだけでなく、こんな人にもオススメできる取引所です。

こんな人にもオススメ

簡単にNFTを購入したい人(Coincheck NFT)

上場前の暗号資産に投資したい人(IEO)

Coincheck NFT(β版)では、The SandboxやSorareなど、世界で人気のNFTを購入することができます。

またコインチェックIEOでは、資金調達ラウンドに参加する権利を獲得することで、上場前にいち早く投資する機会がもてます。

コインチェックでアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)を購入する場合は、スプレットが広めなので注意しましょう。

コインチェックのサイトを
詳しく見る

 

レバレッジ取引を目的としている人はDMMビットコイン

レバレッジ取引が目的で暗号資産取引所を開設する人は、DMM Bitcoinがおすすめです!

「レバレッジ取引」に特化しており、レバレッジができる取引ペアは国内最大です。

現物取引より、レバレッジ取引を中心にしたい人に適した取引所です。また親会社が「DMM.comグループ」であるということは、信頼感もあります。

国内ではレバレッジ取引は、2倍に制限されています。よりレバレッジをかけて取引したい人は、海外仮想通貨取引所を利用しましょう。

Binance(バイナンス)
世界最大の海外仮想通貨取引所。最大レバレッジ125倍。

Bybit(バイビット)
日本人に人気のある海外仮想通貨取引所。日本語のサポートも充実している。最大レバレッジ125倍。

 

PLT(パレットトークン)を利用するならOKCoin Japan

PLT(パレットトークン)を買いたい人は、OKCoin Japan(オーケーコインジャパン)の口座を開設しましょう。

執筆時点で、国内・海外を含めてPLT(パレットトークン)を取り扱っている仮想通貨取引所は、3社だけです。

その中でも、圧倒的に送金手数料が安いのがOKCoin(オーケーコイン)です。PLTの手数料で損したくない人におすすめです。

  • CryotoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)
  • ELF Masters(エルフマスターズ)
  • De:Lithe Φ (ディライズファイ)
  • Tokyo Mongz Hills Club(東京モンズヒルクラブ)

上記のタイトルのNFTは、PLT Placeで販売され、PLT(パレットトークン)を支払い通貨として利用することが多いです。

PLT Placeを利用する人は、OKCoin Japan(オーケーコイン)の口座があると、お得に取引できます。

OKCoin Japanのサイトを
詳しく見る

 

暗号資産取引所(仮想通貨取引所)選びで、損しないための注意点3つ

暗号資産取引所えらびで、損しないための注意点3つを、自分の失敗経験をもとに説明していきます。

損しないための注意点

  • 注意点1:暗号資産の2つの購入方法を理解する
  • 注意点2:暗号資産ごとの購入手数料を確認する
  • 注意点3:暗号資産の送金手数料を安くおさえる

注意点①:暗号資産の2つの購入方法を理解する

多くの暗号資産取引所では、2つの購入方法があります。

2種類の購入方法

取引所で購入

販売所で購入

図解するとこんなイメージです。

取引所はユーザー同士(個人間)の取引なので、手数料が安く設定されてます。

販売所では暗号資産取引所が決めた価格で販売されており、スプレッドとして実質の手数料が販売価格に上乗せされています。

複数の暗号資産を保有したい場合は、取引所で売買できる銘柄数が多い暗号資産取引所を選びましょう。

注意点②:暗号資産ごとの手数料を確認する

暗号資産ごとに購入手数料に差があります。

ビットコインは購入手数料の差はほとんどないのですが、アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)の購入手数料には、大きな差があります。

「リップル(XRP)はこの取引所が安い」「カルダノ(ADA)ならあの取引所が安い」と言う感じで、暗号資産取引所ごとに得意としているコインが違います。

購入する暗号資産が決まっている人は、そのコインの購入手数料が安い基準で取引所を選ぶのもアリです。

暗号資産投資に慣れている人は、複数の暗号資産取引所の口座をもっていることが多いです。

注意点③:送金手数料を確認する

海外取引所やメタマスクに暗号資産を送金する目的で、国内取引所の口座を開設するという人もいると思います。

その場合は、購入手数料だけではなく、送金手数料も取引所を選ぶポイントとして意識しておきましょう。

筆者が利用しているbitFlyer(ビットフライヤー)では、XRP(リップル)の送金手数料が無料です。

国内取引所からXRPを海外取引所に送金して、海外取引所で使用する仮想通貨に交換すると、各種手数料が安くすみます。

 

損しないために!目的別の暗号資産取引所(仮想通貨取引所)を開設しよう!

この記事で解説した『目的別のおすすめ取引所』で自分に適した取引所を選べば、お得で機能的な暗号資産運用ができますよ!

最後にもう一度、目的別の暗号資産取引所を確認しましょう!

目的別のおすすめ

・総合的に選ぶならビットフライヤー

・取引銘柄数を求める人はGMOコイン

・とりあえずビットコインに投資したい人はコインチェック

・レバレッジ取引を積極的にしたい人はDMMビットコイン

・PLT(パレットトークン)を買いたい人はOKCoin Japan

自分の目的に合う暗号資産取引所を選んで、口座開設の手続きを始めましょう!

 

暗号資産を始めてみる

・ビットフライヤーを始めてみる(手順

・GMOコインを始めてみる(手順

・コインチェックを始めてみる(手順

・オーケーコインを始めてみる(手順

 

ゆるたけ公式LINE@メンバー募集

「ゆるたけ 公式LINE@」をオープンしました!

・参加無料!ずっと無料!
・ゆるたけの得た有益情報を受け取れる
・仮想通貨の世界を生き残るための秘訣をシェア

という、本来なら月額かかるような有益な情報をLINE@で受け取れます!

気軽に参加してください!

公式 LINE@
無料登録はコチラ